象印マホービンは、圧力IH炊飯ジャー「炎舞炊き」の新製品として、「NW-LA10」(炊飯容量1リットル)と「同LA18」(1.8リットル)を発売した。最大の特徴は、独自の「ローテーションIH構造」で使用する底部のIHヒーターを、従来機種の3基から6基に増強したこと。

象印マホービン 
炎舞炊き NW-LA10/LA18

●実売価格:LA10=13万円程度、LA18=13万5300円程度

象印マホービンは、圧力IH炊飯ジャー「炎舞炊き」の新製品として、「NW-LA10」(炊飯容量1リットル)と「同LA18」(1.8リットル)を発売した。最大の特徴は、独自の「ローテーションIH構造」で使用する底部のIHヒーターを、従来機種の3基から6基に増強したこと。

画像: 象印マホービン 炎舞炊き NW-LA10/LA18

これにより、釜内の対流がさらに激しくなり、米の甘み成分をより一層引き出せるようになった。また、内ぶたの構造を改良したことで、メンテナンス性も向上している。内釜は、アルミとステンレスの層に鉄を組み込んだ「鉄~くろがね仕込み~豪炎かまど釜」。

●問い合わせ先:象印マホービン 0120-34-5135

※この記事は『特選街』2020年8月号に掲載されたものです。
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.