近頃勢いを増しているフリマアプリ「PayPay(ペイペイ)フリマ」。購入者は送料無料で商品を手に入れられることもあり、魅力的なサービス内容になっています。しかし、運営元のヤフーは「ヤフオク!」と呼ばれる同様のサービスを展開しています。一体何が違うのでしょうか?本記事では、PayPayフリマとヤフオク!の違いをまとめてみました。PayPayフリマならではのメリットも解説。

PayPayフリマとは

PayPayフリマとは、ヤフーが手掛けるフリマアプリのこと。名前にPayPayがついているのでわかりにくいですが、ヤフオク!に近い仕組みのサービスになります。というよりも、ヤフオク!のフリマ版のようなサービスなので、サービスの違いを混同している方も多いのではないでしょうか。

画像: paypayfleamarket.yahoo.co.jp
paypayfleamarket.yahoo.co.jp

ヤフオク!とPayPayフリマでは手数料や出品方法などさまざまな違いがあり、利用する際は注意が必要です。

PayPayフリマとヤフオク!の違い

ここでは、押さえておきたいPayPayフリマとヤフオク!の違いを解説します。

出品方法

真っ先に把握したいのが、「PayPayフリマはフリーマケット」「ヤフオク!はオークション」のサービスということです。それぞれのメリット・デメリットをまとめると下記のようになります。

メリットデメリット
フリーマーケット
(PayPayフリマ)
出品から販売までの
スピードが早い
販売価格が
上がることがない
オークション
(ヤフオク!)
フリマよりも高額で
販売しやすい
出品から販売まで
時間がかかる

それぞれ違った魅力のあるサービス形式です。目的にマッチした方を選びましょう。

販売手数料

画像: 販売手数料

販売手数料に関しても、PayPayフリマとヤフオク!では一部違いがあります。

  • PayPayフリマ:販売価格の10%(一律)
  • ヤフオク!:落札価格の10%または8.8%

上記のように、PayPayフリマでは販売価格の10%が手数料として徴収されます。しかしヤフオク!の場合、Yahoo!プレミアム会員であれば、落札価格の8.8%まで販売手数料を軽減することが可能です。Yahoo!プレミアムの会費は月額462円(税別)なので、入ったほうが得かどうかを考慮してからご利用ください。

配送に関して

画像: 配送に関して

PayPayフリマでは、ヤフネコ!パック、ゆうパック、ゆうパケット(おてがる版)の3種類から配送方法を選択できます。裏を返せば、この3種類以外の配送方法は利用できないということです。また、配送料に関しても、出品者が必ず負担する必要があります。

ヤフオク!の配送方法に関しても、ヤフネコ!パック、ゆうパック、ゆうパケット(おてがる版)の3種類という点はPayPayフリマと同様です。しかし、Yahoo!プレミアム会員なら、送料を落札者が負担する設定ができます。

支払い方法

PayPayフリマとヤフオク!の支払い方法は下記の通りです。

  • PayPayフリマ:PayPay、クレジットカード
  • ヤフオク!:Yahoo!かんたん決済(PayPay、クレジットカード、ジャパンネット銀行、コンビニなど)

比較してみたら一目瞭然で、ヤフオク!ではバリエーション豊富に支払い方法が用意されています。一方PayPayフリマでは、PayPayまたはクレジットカードしか利用できず、キャッシュレス決済を利用しない方には向いていないでしょう。

PayPayフリマとヤフオク!の利用で悩んでいる方は、とりあえずPayPayをインストールしておくと安心です。

PayPayフリマのメリットは「価格の相談」

PayPayフリマの最大のメリットは価格交渉ができる点です。「価格の相談」という機能が導入されており、出品されている金額よりも安く購入できる可能性があります。

画像: 価格の相談機能

価格の相談機能

一方ヤフオク!は基本的にオークション形式なので、その場合は価格が下がることがありません。固定価格(フリマ定額出品)などの価格交渉の機能自体は存在していますが、出品者が設定している場合に限られ、PayPayフリマよりも対象の商品が少ないです。

※PayPayフリマには、一部ヤフオク!の商品が表示されています。その場合は「価格の相談」ができない可能性があるので注意してください。

「PayPayフリマ×ZOZOTOWN」でラクラク出品

日本で一番有名といっても過言ではないファッション通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」。実はPayPayフリマと非常に相性がいいという特徴があります。というのも、PayPayフリマは2020年7月1日(水)、ZOZOTOWNで購入した商品をたった3ステップで出品できるサービスを始めたからです。

画像: 利用イメージ about.yahoo.co.jp

利用イメージ

about.yahoo.co.jp

一般的なフリマアプリでは、商品を出品する際にさまざまな情報を入力する必要があります。しかし、PayPayフリマとZOZOTOWNの場合、データ連携によって入力項目を削減することが可能です。

ZOZOTOWNを普段から利用している方は多いと思います。着なくなった洋服を有効活用する選択肢として、PayPayフリマがおすすめです。

まとめ

今回は、ヤフーが運営する2つのサービス「PayPayフリマ」と「ヤフオク!」の違いについて解説しました。似たようなサービスで誤解している方も多いと思いますが、両者は「フリーマーケット」なのか「オークション」なのかという大きな違いがあります。

また、配送手数料や支払い方法など、細かな差があるのも重要なポイント。上手に活用するためには、目的にあったサービスを選択することが重要です。

また、総合点ではヤフオク!に及ばないPayPayフリマですが、「価格の相談」やZOZOTOWNとの連携といった独自の魅力があります。リリースされてから日が浅く、まだまだ試行段階ではありますが、PayPayフリマの利便性は着実に向上しているといえます。

◆平本良太
クレジットカードやキャッシュレス決済の最新情報に明るいWebライター。ファッションやグルメを中心にトレンド記事も手がける。

This article is a sponsored article by
''.