AI搭載のコーヒーメーカー「iDrip」が話題!著名バリスタのハンドドリップを再現可能

調理家電

トップバリスタが淹れたおいしいコーヒーを味わいたいと思ったら、普通はそのお店に行かなければならない。しかし、その味わいを自宅でも再現できるようにしたのが、台湾発の「iDrip(アイドリップ)」(実売価格例:11万円)だ。

AIで、著名バリスタの腕前を忠実に再現してくれるコーヒーメーカー

大量生産・大量消費の「ファーストウェーブ」、深煎り高品質の豆を使ったコーヒーチェーンから広がった「セカンドウェーブ」、そして、豆の生産地(農場)からその品質、焙煎や淹れ方にまでこだわる「サードウェーブ」と、コーヒーの波は時代とともに移り変わってきた。

そんな中、さらに進んだ「フォースウェーブ」のあり方に注目が集まる。まだ、その形は見えてきてはいないものの、その候補の一つとして注目されているのが「誰が淹れたのか」というポイントだ。

トップバリスタが淹れたおいしいコーヒーを味わいたいと思ったら、普通はそのお店に行かなければならない。しかし、その味わいを自宅でも再現できるようにしたのが、台湾発の「iDrip(アイドリップ)」だ。

iDripには、「ワールド・バリスタ・チャンピオンシップ」などの世界大会で優秀な成績を収めた13人のトップバリスタが共同参画。独自開発の極細抽出ノズルを搭載しており、湯の量や速度、回数、温度、蒸らし時間、さらに湯を落とす経路まで精密にコントロールできる。

専用のドリップバッグは、豆の種類や焙煎度、豆の挽き方までの全工程をトップバリスタが監修している。本体内蔵のAIが、その情報をバーコードから読み取り、淹れ方を再現する仕組みになっている。

iDrip Japan
iDrip

実売価格例:11万円

AI搭載のドリップ式コーヒーメーカー。専用ドリップバッグをセットしてボタンを押すだけで、豆の品種や生産地、加工法、挽き方まで、トップバリスタの味を再現してくれる。

iDrip
本体サイズ・重量は、幅190ミリ×奥行き190ミリ×高さ480ミリ・7.8kg。

アプリを使うと、コーヒー豆やバリスタの情報などを詳しく見られるだけでなく、使用者の好みに合ったコーヒーも提案してくれる。

著名バリスタが監修した専用ドリップバッグ

ドリップバッグには監修したトップバリスタの顔写真が入っており、豆の生産地や品種などの情報も記載。(左)粕谷哲 エル・フェニックス、(右)鈴木樹 エミリオ ロペス

原稿執筆時点で15ヵ国以上、21人のトップバリスタが参画しており、今後も増えていく予定とのこと。専用ドリップバッグは、1杯当たり385円と605円のものが用意されている。

本体価格が11万円と、一般的なドリップ型コーヒーメーカーに比べると高いが、こだわり抜いた豆を使い、トップバリスタのハンドドリップの腕前を再現できるのであれば、納得できるだろう。

※価格は記事作成時のものです。

◆テキスト/安蔵靖志(IT・家電ジャーナリスト)

調理家電
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース