三友は、中国・KANDAO社製の8K VRカメラ「KANDAO QooCam 8K」の国内販売を開始した。コンパクトなボディの前面と背面に、画角200度の超ワイドレンズを搭載しており、8K/30fpsの全天球動画や4K/120fpsの全天球スローモーション動画を手軽に撮影できるのが特徴。

KANDAO 
QooCam 8K

●価格:6万7100円

三友は、中国・KANDAO社製の8K VRカメラ「KANDAO QooCam 8K」の国内販売を開始した。

画像1: KANDAO QooCam 8K

コンパクトなボディの前面と背面に、画角200度の超ワイドレンズを搭載しており、8K/30fpsの全天球動画や4K/120fpsの全天球スローモーション動画を手軽に撮影できるのが特徴。

画像2: KANDAO QooCam 8K

最新の6軸ジャイロスコープも内蔵しているので、動きながらの撮影でも、ブレを抑えた滑らかな映像を記録できる。

画像3: KANDAO QooCam 8K

2.4型のタッチ液晶を備えているから、撮影した映像の確認、モードや設定の変更なども本体のみで行える。内蔵ストレージは64Gバイト。

●問い合わせ先:三友 https://www.mitomo.co.jp/

※この記事は『特選街』2020年9月号に掲載されたものです。
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.