エコバックスジャパンが、最新型のロボット掃除機「DEEBOT OZMO T8+」を発売した。業界初の3D物体回避テクノロジーを搭載し、コード類がからんでの立ち往生や、段差からの落下などのトラブルを大幅に減らせるのが特徴だ。

エコバックス 
DEEBOT OZMO T8+

●実売価格:11万円程度

エコバックスジャパンが、最新型のロボット掃除機「DEEBOT OZMO T8+」を発売した。業界初の3D物体回避テクノロジーを搭載しており、コード類がからんでの立ち往生、段差からの落下などのトラブルを大幅に減らせるのが特徴。高精度なマッピングシステムも装備しているので、ロスのない効率的な運転が行える。

画像1: エコバックス DEEBOT OZMO T8+

また、独自の「OZMOモップシステム」も搭載しているから、吸引掃除と水拭き掃除を同時に行うことも可能だ。

画像2: エコバックス DEEBOT OZMO T8+

さらに、掃除機内のゴミを自動回収するゴミ収集スタンドも標準付属。ゴミ捨ての手間も抑えられる。

画像3: エコバックス DEEBOT OZMO T8+

●問い合わせ先:エコバックスジャパン 0120-539-639

※この記事は『特選街』2020年9月号に掲載されたものです。
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.