象印マホービンは、炊飯ジャー「炎舞炊き」シリーズの新製品を発売した。約2倍の大火力を実現したことで、釜内に激しく複雑な対流が起こり、弾力と甘みのあるご飯に仕上がる。もち麦や押し麦をおいしく炊ける「麦ごはん炊き分け」メニューなども装備。

象印マホービン 
炎舞炊き NW-PS10/PS18

●実売価格:PS10=8万8000円程度、PS18=9万1100円程度

象印マホービンは、独自の「ローテーションIH構造」を採用した炊飯ジャー「炎舞炊き」シリーズの新製品として、「NW-PS10」(炊飯容量1リットル)と「同PS18」(1.8リットル)を発売した。

画像: NW-PS10

NW-PS10

底部に設置した4基のIHヒーターのうち、対角線上にある2基を同時加熱することで、単位面積当たり約2倍の大火力を実現したのが特徴。これにより、釜内に激しく複雑な対流が起こるため、弾力と甘みのあるご飯に仕上げることができる。

画像: ※4基の底IHヒーター搭載

※4基の底IHヒーター搭載

また、栄養価の高いもち麦や押し麦をおいしく炊ける「麦ごはん炊き分け」メニューなども備えている。

●問い合わせ先:象印マホービン 0120-345135

※この記事は『特選街』2020年9月号に掲載されたものです。
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.