家事の中でも、洗濯は特に手間がかかりますよね。汚れによって洗濯物を分けたいですし、その上、酷い汚れには「予洗い」が欠かせません。しかし、ランドリースペースは、洗濯機を置くだけで精一杯、予洗いは風呂場で…という人も多いのではないでしょうか。そんなお悩みを、一台で予洗い、洗濯をこなす洗濯機、アクアの「Pretteシリーズ」が解決します。

洗濯は、汚れを水に移す行為

洗濯という行為は、物理的・化学的な力を使って、汚れを水に移す行為です。普段の洗濯では、洗濯物を洗濯槽に叩き付けることにより汚れをこそぐ「物理的」な力と、汚れを守っている油分を包み、汚れを衣類から引き剥がす洗剤の「科学的」な力で、汚れを水に移しているのです。

画像: 洗濯は、汚れを水に移す行為

予洗いに超音波洗浄を導入

「Pretteシリーズ」には、予洗いの機能の一つとして、汚れを効率よく落とす超音波洗浄「らくらくSonic(ソニック)」の機能を搭載しています。「超音波洗浄」では、超音波振動子を細かく振るわせることにより小さな泡(気泡)を発生させ、その気泡が弾ける力を使って繊維の隙間の汚れを弾き出し、水に移します。

この「超音波洗浄」は、気泡が直接繊維に当たる必要があるので、衣類の汚れ面が必ずしも当たることのない洗濯槽での洗濯では使うことができませんが、その部分を剥き出しにして洗う予洗いでは非常に役立ちます。プロの洗濯屋、クリーニング店も使っている技です。また、予洗い用に、シャープも製品化しており、私も愛用しています。

予洗いスペースを内蔵

スペースのお悩みを解決

「Pretteシリーズ」を使えば、もう予洗い用スペースに頭を悩ませる必要はありません。なぜなら、洗濯機に予洗い用スペースが内蔵されているからです。このスペースを使って超音波洗浄をすることができます。お風呂場や洗面所で予洗いしていたみなさんは、ぜひこの快適さを味わってみてください。

洗濯槽のすぐ上に予洗いに必要な機器が全て内蔵されており、引き出し、ボタン一つですぐ使えるようになっています。

画像: スペースのお悩みを解決

特大サイズの超音波振動子に注目

一見、小さな洗面台のようです。蛇口のように見えるのが、超音波振動子となっています。振動子の多くは10mm前後ですがこの洗濯機に内蔵されているものは28mm幅と、通常のものと比べ、かなり大きいですが、このおかげで、建築現場のホイールローダーよろしく、縦横無尽の働きをしてくれます。振動子は、布汚れに対し最も効果がある40kHzが採用されているので、毎秒40000万回も振動します。

画像: 特大サイズの超音波振動子に注目

汚れ部分を受け皿に浸し、ほんの軽く、当たるか当たらない程度に振動子に近づけていきます。押し当てるのではありません。触れるだけです。ゆっくり動かすと、目の前で汚れが落ちていきます。その後は、洗濯物を洗濯槽に落とすだけ。予洗いのための場所の確保、道具の準備がまったく必要ありません。予洗いを終えた後は、本洗いするだけです。

化学的な汚れ対策も進化

汚れを落とすために「洗剤」は不可欠ですが、洗剤は多く使えばそれだけ汚れが落ちるというものではありません。例えば濃過ぎる洗剤は、汚れの代わりに洗剤が衣類に残ったりします。

画像: 化学的な汚れ対策も進化

そのためには、水の量に応じて適切な洗剤量を入れることが必要です。このため、液体洗剤が主流になった今、全メーカー自動(計測)投入を進めています。

「Pretteシリーズ」は、向かって左側隅に液体洗剤:800ml、右側隅に液体柔軟剤:780mlのタンクを配置し、自動投入できるようになっています。これは詰め替えパックを丸々入れることができる量です。またガラストップなので、中の状態丸わかりで、清掃もラクラクです。

容量も選べて安心

「Pretteシリーズ」の容量は、最大14kg。以下、12、10、9、8kgの5シリーズとなっています。新モデルにこれだけのラインナップを投入するのも珍しいですが、その理由としてはモデル性能がいいことと、コスト削減への狙いがあります。

画像: 容量も選べて安心

新機能の「らくらくSonic」は丸ごと新機能な上、28mmもの特殊な振動子を搭載しています。このように特殊な機能を搭載すると、どうしても製品の価格は高くなります。この価格を抑えるには、ある程度の数量を売る必要があり、そのためのラインナップ構成でもあるのです。

ちなみに、発売時の市場想定価格は、14kg:16万円(税抜)、12lg:15万円、10kg:13万円、9kg:12万円、8kg:11万円となっています。少々お高くはありますが、予洗いがこれほど楽にできるのなら、お買い得と言えます。

基本がしっかりしている「Pretteシリーズ」

その他の機能も安心

予洗い機能に注視してご紹介した「Pretteシリーズ」ですが、もちろんその他の機能も申し分ありません。洗剤を入れるときに洗濯物に十分に行き渡らせる技術、しっかり攪拌し、洗浄する技術などはお手のもの。もともとクリーニング・ランドリー共に十分な実績を持っており、洗濯機に定評のあったサンヨーが作っただけあってしっかりしています。

泥汚れや、マスクについたメイクにも

「Pretteシリーズ」は、あらゆる人におすすめの製品ですが、特にお子さんがいる人や、まとめ洗いをする人には、特におすすめです。タテ型で、物理洗浄力にすぐれているので、泥汚れに強いですし、強力な超音波は固着したエリ汚れにも強いです。(ただし、汚れは付いたばかりの方が落ちます)

また、最近は新型コロナの影響で布マスクをしている人が増えていますが、女性の場合は、ファンデーション、口紅がマスクについてしまうと洗濯が厄介ですよね。でも、超音波洗浄ならラクラク汚れを落とすことができます。あとは丁寧にすすいで、干せばOKです。この秋、洗濯機の購入を考えている人は、ぜひチェックしてほしいモデルです。

◆多賀一晃(生活家電.com主宰)
企画とユーザーを繋ぐ商品企画コンサルティング「ポップアップ・プランニング・オフィス」代表。米・食味鑑定士の資格を所有。大手メーカーでオーディオ・ビデオ関連の開発に携わる。趣味は東京散歩とラーメンの食べ歩き。

This article is a sponsored article by
''.