JVCケンウッドが、新型ドライブレコーダー「DRV-CW560」を発売した。魚眼レンズを下向きに搭載しており、前方・左右・車内の映像を、一台ですべて録画できる。超高感度CMOSセンサー「STARVIS」を採用し、暗い場所でも細部まで鮮明に記録することが可能だ。

ケンウッド 
DRV-CW560

●実売価格:3万9800円程度

JVCケンウッドが、新型ドライブレコーダー「DRV-CW560」を発売した。

画像: ケンウッド DRV-CW560

本機は、8月に発売された「C750」に続く、360度撮影モデルの第2弾。魚眼レンズを下向きに搭載しており、前方・左右・車内の映像を、一台ですべて録画できる。超高感度CMOSセンサー「STARVIS」を採用し、2160ドット×2160ドットという業界最高の解像度も実現しているから、暗い場所でも細部まで鮮明に記録することが可能だ。無線LANも内蔵しているので、録画映像はスマホから確認できる。白飛びや黒つぶれを抑える「WDR機能」も搭載。

画像: ※プレビュー画面

         ※プレビュー画面

●問い合わせ先:JVCケンウッド 0120-2727-87

※この記事は『特選街』2021年1月号に掲載されたものです。
※価格は記事作成当時のものです。

This article is a sponsored article by
''.