富士フイルムはのミラーレスカメラの新ラインアップとして、「X-S10」を発売した。像面位相差画素を全面に配置した「X-Trans CMOS 4」センサーと高性能画像処理エンジンの組み合わせにより、高品位な画質と最短0.02秒の高速AFを実現したのが特徴。

富士フイルム 
X-S10

●実売価格:ボディ=13万2000円程度、レンズキット=14万3000~18万7000円程度、ダブルズームキット=16万5000円程度

富士フイルムは、ミラーレスカメラの新ラインアップとして、「X-S10」を発売した。

画像1: 富士フイルム X-S10

像面位相差画素を全面に配置した「X-Trans CMOS 4」センサー(APS-Cサイズ、2610万画素)と高性能画像処理エンジン「X-Processor 4」の組み合わせにより、高品位な画質と最短0.02秒の高速AFを実現したのが特徴。最大6段分の効果が得られるボディ内手ブレ補正機構も装備しているので、どんな場面でも鮮明な写真を撮影できる。また、ホールド性に優れた大型グリップ、多彩な撮影スタイルに対応するバリアングル液晶なども採用している。

画像2: 富士フイルム X-S10

●問い合わせ先:富士フイルム ☎0570-04-1060

※この記事は『特選街』2021年1月号に掲載されたものです。
※価格は記事作成当時のものです。

This article is a sponsored article by
''.