パナソニックの冷蔵庫「NR-F657WPX/NR-F607WPX」は、それぞれ庫内容量650リットル(横幅75センチ)と600リットル(同68.5センチ)。約マイナス3℃の低温で肉や魚などを7~14日まで新鮮に保存できる「微凍結パーシャル」や、「ナノイーX」による脱臭・除菌機能など、多彩な機能を搭載するIoT冷蔵庫だ。

スマホのGPSと連係して、留守中に節電。庫内の食材管理もできる!

パナソニックの冷蔵庫では、従来から7種のセンサーを使って節電する「エコナビ」機能が搭載されていたが、2月発売のNR-F657WPXなどでは、ユーザーの生活リズムや使い方を学習・分析し、使用状況に合わせて省エネ運転を行う「AIエコナビ」に進化。スマホ内蔵GPSの位置情報と連係し、

パナソニック
NR-F657WPX/NR-F607WPX
実売価格例:47万800円(F657WPX)/44万8880円(F607WPX)

スマホのGPSと連係した「AIエコナビ」搭載

画像: 庫内容量650リットル(横幅75センチ)と600リットル(同68.5センチ)の2モデルを用意。約マイナス3℃の低温で肉や魚などを7~14日まで新鮮に保存できる「微凍結パーシャル」や、「ナノイーX」による脱臭・除菌機能など、多彩な機能を搭載するIoT冷蔵庫。

庫内容量650リットル(横幅75センチ)と600リットル(同68.5センチ)の2モデルを用意。約マイナス3℃の低温で肉や魚などを7~14日まで新鮮に保存できる「微凍結パーシャル」や、「ナノイーX」による脱臭・除菌機能など、多彩な機能を搭載するIoT冷蔵庫。

「お留守番モード」では自宅から離れると自動的に節電するほか、登録した買い物先にいると「まとめ買い」を予測して庫内を冷却するなど、省エネ性能が向上している。

重量検知プレートに置いた食材の重さから、残量情報をアプリで管理できる「ストックマネージャー」も搭載。重さが変動すると「キッチンポケット」アプリで知らせてくれるので、卵の買い忘れなどを防げるほか、利用期限を設定すれば、使い忘れ通知も受け取れる。プレートは1枚付属しているが、買い足す(実売価格例4980円)ことで、複数の食材の在庫管理に役立てられる。

庫内の在庫を外出先からアプリで確認!

画像: プレートに載っている食材の重さから残量情報を検知し、アプリに通知するだけでなく、賞味期限の管理までできる「ストックマネージャー」を搭載した。

プレートに載っている食材の重さから残量情報を検知し、アプリに通知するだけでなく、賞味期限の管理までできる「ストックマネージャー」を搭載した。

業務用レベルの急速冷凍機能を搭載しており、食材の味や色を損ねずに冷凍できる「はやうま冷凍」や、急速に冷却することでお弁当のあら熱取りや下味付けに使える「はやうま冷却」機能も便利だ。これらの機能は、専用アプリから細かく温度や時間を制御することもできる。

画像: 業務用レベルの急速冷却によって、下味付けにも役立てられる「クーリングアシスト」機能を搭載。専用アプリ「Cool Pantry」で細かく調整もできる。

業務用レベルの急速冷却によって、下味付けにも役立てられる「クーリングアシスト」機能を搭載。専用アプリ「Cool Pantry」で細かく調整もできる。

IoT冷蔵庫としては、シャープの液晶パネル搭載タイプや、内蔵カメラとAIで庫内の食品を自動認識して食材管理ができる海外製品などもあるが、食材を管理して買い忘れや食品ロス削減につなげる本機の機能には意義がある。重量検知プレートは乾電池駆動で、Wi-Fi経由でアプリと直接つながるため、従来モデルの冷蔵庫、さらにはキッチンカウンター上などでも使えそうだ。今後の展開にも期待したい。

※価格は記事作成時のものです。

TEXT●安蔵靖志(IT・家電ジャーナリスト)

This article is a sponsored article by
''.