「Googleレンズ」は、文字を写せばデータとして読み取って文章をコピーでき、翻訳も可能。植物や建物など、カメラで写すだけで類似の画像を探し出し、それが何なのかを調べられる。ほかにも、商品を写すだけで、何の商品なのかを検索し、取り扱っている通販サイトなども調べられる。

文字や物に「Googleレンズ」をかざすと知りたいことがわかる

Googleと聞いて、真っ先に思い浮かぶのが「検索」だろう。従来は「文字を入力して検索する」のが一般的だったが、今やスマホのカメラを使って検索するサービスも登場。それが「Googleレンズ」だ。

スマホのカメラで撮影したものを瞬時に検索する機能で、AI(人工知能)を活用している。

例えば、文字を写せばそのままデータとして読み取って文章をコピーでき、外国語なら翻訳が可能。目の前の植物や建物の名前が知りたいときには、カメラで写すだけで類似の画像をインターネット上から探し出し、それが何なのかを調べられる。

ほかにも、商品を写すだけで、何の商品なのかを検索し、さらには取り扱っている通販サイトなども調べられる。いずれも文字入力の手間が省けるだけでなく、検索に必要なキーワードがわからなくても目的の情報にたどり着けるのが便利だ。

「Googleレンズ」アプリは、Androidでのみの配信だが、iPhoneの場合は「Google」アプリで同機能が利用できる。また、「Googleフォト」アプリ上でGoogleレンズ検索をすることも可能だ。

※本記事に掲載したスマホの画面は、特記のあるもの以外はすべてiPhoneの画面です。

■検索や文章のコピーが可能

画像1: 文字や物に「Googleレンズ」をかざすと知りたいことがわかる

商品のバーコードを撮影すると、商品情報や購入できるウエブページが検索結果として表示される。

画像2: 文字や物に「Googleレンズ」をかざすと知りたいことがわかる

外国語のメニューなどを撮影すると、指定した言語での翻訳が可能。100言語の翻訳に対応する。

画像3: 文字や物に「Googleレンズ」をかざすと知りたいことがわかる

文章を撮影すると、文字データとして認識。そのままテキストとしてコピーできるので便利。

■iPhoneは「Google」アプリから起動

画像4: 文字や物に「Googleレンズ」をかざすと知りたいことがわかる

iPhoneは「Google」アプリで検索窓の右にあるGoogleレンズアイコンをタップして起動。

画像5: 文字や物に「Googleレンズ」をかざすと知りたいことがわかる

Androidは「Googleレンズ」アプリを利用する。検索したいアイテムを画面の中央に持ってきてシャッターボタンをタップすると、検索結果が表示される。

■「Googleフォト」の写真で検索可能

画像6: 文字や物に「Googleレンズ」をかざすと知りたいことがわかる

「Googleフォト」アプリで検索に使う写真を表示。画面下部のGoogleレンズアイコンをタップする。

画像7: 文字や物に「Googleレンズ」をかざすと知りたいことがわかる

写真を基にした検索結果が表示される。類似画像や製品ページなどが出てくる。

■解説/今西絢美 (ライター)山﨑理香子(ライター)

This article is a sponsored article by
''.