自宅で焙煎ができるマシン、ライソンの「ホームロースター RT-01」をつかってみた。準備は、生豆は、行きつけのお店で相談して「コロンビア」を購入し、豆を焙煎したときに出るチャフ(焼けた薄皮)を集めるコンテナをセットしフタをするだけ。自宅で焙煎し、すぐに飲めるなんて楽しすぎる!

テレワーク中の「特選街」編集部。だったら、自宅でいろいろ試しちゃおう! ということで、気になるモノをチェックしていきます。

編集長が在宅deチェック!
ライソン
ホームロースター「RT-01」

実売価格例:2万2000円

動作音はかなり大きいものの、自宅で焙煎して、すぐに飲めるなんて楽しすぎる!味も新鮮!

家庭用コーヒー焙煎機

画像: 本体は、ボタンが三つだけとシンプルな作り。ブラックとシルバーでまとめられたカラーリングからは”道具感”が醸し出され、なかなかシブくて、カッコいい。

本体は、ボタンが三つだけとシンプルな作り。ブラックとシルバーでまとめられたカラーリングからは”道具感”が醸し出され、なかなかシブくて、カッコいい。

SPEC
●焙煎可能量/約40~60g(1回当たり)●消費電力/1150W●サイズ/幅208㎜×高さ246㎜×奥行き175㎜●重量/1.4kg

画像: チャフコンテナ(豆を焙煎したときに出る「チャフ:焼けた薄皮」を集めるコンテナ)

チャフコンテナ(豆を焙煎したときに出る「チャフ:焼けた薄皮」を集めるコンテナ)

画像: 付属の掃除ブラシ。これでコンテナにたまったチャフを掃き出せる。

付属の掃除ブラシ。これでコンテナにたまったチャフを掃き出せる。

中煎りと深煎りから選べ、約20分で完了

コーヒーブームといわれて久しいが、昨今は自宅で、よりおいしいコーヒーを飲みたいというニーズが増えている。実際、「プロの味を自宅で再現できる」とうたうコーヒーマシンも続々登場。最近では、デロンギのサブスクサービスが大人気だ。

私自身も、ほぼ毎日、仕事のお供にコーヒーを淹れている。以前は、コーヒーへのこだわりなどあまりなかったが、今では香りに魅せられ、豆を買いに行く機会も増え、自然とコーヒーの奥深さに興味を持つようになっている。

そんな私が引き寄せられたのが、自宅で焙煎ができるマシン、ライソンの「ホームロースター RT-01」である。まさか、お店でやっている焙煎が家でできるなんて!早速、メーカーさんにお願いして、製品をお借りした。

本機は、中煎りと深煎りの選択が可能で、約20分で焙煎から冷却まで完了するという。焙煎可能量は40~60グラムということなので、買ってきた生豆(コロンビア)を50グラム、本体に入れてみた。

画像: 生豆は、行きつけのお店で相談して「コロンビア」を購入。一度に焙煎できるのは40~60グラムだ。

生豆は、行きつけのお店で相談して「コロンビア」を購入。一度に焙煎できるのは40~60グラムだ。

次に、豆を焙煎したときに出るチャフ(焼けた薄皮)を集めるコンテナをセットして、フタをする。これで準備は完了。

画像: 焙煎中は、フタのガラス部分から中の様子を覗くことができる。

焙煎中は、フタのガラス部分から中の様子を覗くことができる。

電源を入れ、私は深煎りが好きなので、本体の「DARK(ダーク)」ボタンを押した。

画像: 深煎りは「DARK」、中煎りは「MEDI」ボタンでスタート。焙煎から冷却まで、約20分で完了する。

深煎りは「DARK」、中煎りは「MEDI」ボタンでスタート。焙煎から冷却まで、約20分で完了する。

と同時に、ものすごい音とともに焙煎がスタート。会話はできなくもないが、テレビの音は聴こえないほどだ。途中で、多少の煙も出るが、しだいに香ばしい匂いが漂ってきて、自宅焙煎の実感がわいてくる。

画像: チャフは、熱風で吹き飛ばされ、コンテナに集まるから、焙煎後の手入れはとてもラク。

チャフは、熱風で吹き飛ばされ、コンテナに集まるから、焙煎後の手入れはとてもラク。

焙煎したての豆は、とても挽き心地がいい。風味も新鮮だし、味も絶品。コーヒーの新しい楽しみ方を発見して大満足である。

これが深煎り。焙煎したてで見た目も艶々!

画像: 中煎りと深煎りから選べ、約20分で完了

動作音や煙の関係で、使う時間帯を選ぶかもしれないが、定期的に活用することで、毎日のコーヒータイムがいっそう充実しそうだ。

今月のオマケ話…

「生豆」の読み方って「なままめ?」「きまめ?」。ネットで調べると「なままめ」が有力。買うときに、お店の人に「ナマの豆、ありますか?」と尋ねたら、「なままめ、ありますよ」と答えてくれました。

※価格は記事作成時のものです。

テキスト「特選街」編集長/吉田正之

This article is a sponsored article by
''.