バルミューダが2万円超の製品をヒットさせたのをきっかけに、トースター市場は、この5〜6年で様変わりを見せた。それまでは数千円の製品が一般的だったが、今では1万円以上のモデルが目立っている。ほかにもパナソニック、シロカ、アイリスオーヤマ、ブルーノのオーブントースターを紹介する。
画像: 【オーブントースターの最新トレンド】市場を盛り上げる「新世代トースター」とは?トースト以外のレシピも超充実

監修◆中村 剛(なかむら つよし)
「TVチャンピオン」スーパー家電通選手権で優勝の実績を持つ家電の達人。家電製品総合アドバイザー。東京電力「くらしのラボ」所長。

目指せ!家電選びの達人
今回の家電は「オーブントースター

おうち時間が増えたことで、オーブントースターの存在感が高まっている。市場を盛り上げているのは「新世代トースター」ともいうべき1万円以上の高性能モデル。単にトーストするだけでなく、長く使える愛用品へとスタイルを変えつつある今どきのトースターに焦点を当てた。

1万円以上のモデルが台頭

外側はカリッと、中はモチッと仕上げる

バルミューダが2万円超の製品をヒットさせたのをきっかけに、トースター市場は、この5〜6年で様変わりを見せた。それまでは数千円の製品が一般的だったが、今では1万円以上のモデルが目立っている。

高性能なトースターは、高火力でパンの表面を焼き固め、中に水分を閉じ込めることで、外側はカリッと香ばしく、中はモチッと食感よく仕上げることができる。時間や温度の設定なしに、ちょうどよく加熱するマイコン式や、内部で熱を循環させることでノンフライ調理などができるコンベクションタイプなども実用性が高い。

また、性能面だけでなく、デザインやメンテナンス性がいいのも今どきモデルの特徴。さらに、メーカーがメニューサイトを運営してレシピを提供し、使いこなしをサポートする例も見られる。インテリアに合うトースターでいろいろな調理を楽しみ、お手入れもしっかりして長く愛用する。そういった使い方が、一つの流れになっていきそうだ。今回は、それらの特徴を持つ新世代トースターから5モデルをピックアップ。個性を交えて紹介していきたい。

各社独自のアプローチ

専用容器を使うアイリス、短時間で焼くシロカ

■アイリスオーヤマ

トースト、料理、デザートなど20種類の自動調理メニューを有する多機能モデル。専用容器を搭載することで、ハンバーグや焼きそば、アクアパッツァといったメニューにも対応している。

アイリスオーヤマ
マイコン式オーブントースター
MOT-401

実売価格例:1万6280円

マイコンを搭載し、20種類の自動モードを実現。専用容器を採用したことで、はやりの「生食パン」モードにも対応する多機能な一台。

画像: ●消費電力/1200W ●温度調節/最高230℃ ●電源コード長/約1.2m ●サイズ/幅330㎜×高さ220㎜×奥行き335㎜ ●重量/4.0kg

●消費電力/1200W
●温度調節/最高230℃
●電源コード長/約1.2m
●サイズ/幅330㎜×高さ220㎜×奥行き335㎜
●重量/4.0kg

専用容器で生トーストが作れる。自動メニューも多彩

専用容器のさらなる売りは、モチモチした食感の「生トースト」が作れることだ。容器の四隅に水を入れ、密閉状態で食パンを蒸し焼きにすることで、普通に焼くだけでは味わえないスペシャルなもっちり感が味わえる。

画像: ①専用容器でトーストする際は、20㏄の水を容器の四隅に入れる。

①専用容器でトーストする際は、20㏄の水を容器の四隅に入れる。

画像: ②網にパンを並べてふたをする。

②網にパンを並べてふたをする。

画像: ③焼き時間は4分半。2枚まで同時に作れる。

③焼き時間は4分半。2枚まで同時に作れる。

専用容器を使わない通常のトーストもおいしく焼けて、一台で多彩な食感を楽しむことが可能だ。

画像: よく使うオートメニューや、パンの枚数、焼き色の濃さなどの各種ボタンを用意。自動メニューはダイヤルでも選択可。

よく使うオートメニューや、パンの枚数、焼き色の濃さなどの各種ボタンを用意。自動メニューはダイヤルでも選択可。

《アイリスオーヤマ/トースト結果》
メニュー、枚数、焼き色を選んでスタート。通常のトーストの場合は、水を使わず、食パン2枚が3分10秒で焼き上がる。

画像1: 左から表面、裏面

左から表面、裏面


■シロカ

トースト1枚を90秒と、スピーディに焼けるのが特徴の「すばやき」。最新モデルでは、端側になるほどコイルの密度が高いヒーターを採用したことで、熱を均一に行き渡らせている。

シロカ
すばやきトースター
ST-2D351

実売価格例:1万7800円

独自の「炎風テクノロジー」を新たに採用し、トーストの質を向上。スピーディな焼き時間はそのままに、焼きムラを抑えてしっとり仕上げる。

画像: ●消費電力/1400W ●温度調節/最高280℃ ●電源コード長/約1.2m ●サイズ/幅350㎜×高さ230㎜×奥行き320㎜ ●重量/4.8kg

●消費電力/1400W
●温度調節/最高280℃
●電源コード長/約1.2m
●サイズ/幅350㎜×高さ230㎜×奥行き320㎜
●重量/4.8kg

スピーディに焼けるのが特徴。メンテも簡単になった

また、前面ガラスの二重化による保温効果も相まって、従来機よりパン内部の水分含有量が14%アップ。トーストの中身が、よりしっとり仕上げられるようになった。

画像: 庫内の高さは業界最高クラスの10センチ。パンからヒーターまで距離があり、焼きムラが発生しにくい。高さのある料理を作るのにも便利だ。

庫内の高さは業界最高クラスの10センチ。パンからヒーターまで距離があり、焼きムラが発生しにくい。高さのある料理を作るのにも便利だ。

《シロカ/トースト結果》
リフレクターやファンを使い、熱の最大効率化を図って、スピーディに焼くのが特徴。食パン2枚は1分50秒でトーストする。

画像2: 左から表面、裏面

左から表面、裏面

オートメニューは9種類を搭載し、ダイヤルを回してボタンを押すだけの簡単操作で最適な焼き加減を提供してくれる。

画像: ダイヤルとボタンが一つずつのシンプル仕様。モードの選択や、温度・時間設定のマニュアル操作も行える。

ダイヤルとボタンが一つずつのシンプル仕様。モードの選択や、温度・時間設定のマニュアル操作も行える。

焼き網を外すと扉が90度開く構造で、すき間のパンくず掃除も簡便化した。

画像: 焼き網を外すと扉が90度開閉して掃除が楽に行える。フックが取りやすく改良され、網の付け外しも簡単。

焼き網を外すと扉が90度開閉して掃除が楽に行える。フックが取りやすく改良され、網の付け外しも簡単。

トースト以外のレシピも充実

やきいもやスイーツ作りも気軽に楽しめる

■パナソニック

オーブンの分野で長年培った技術を投入し、高級オーブンレンジ「ビストロ」の名前を冠したハイテクモデル。

パナソニック
ビストロ NT-D700

実売価格例:2万7000円

「遠近トリプルヒーター」と、ヒーターの出力を7200とおりに調整する「インテリジェント制御」を搭載。パンに合わせて最適なトーストを行う。

画像: ●消費電力/1300W ●温度調節/最高260℃ ●電源コード長/約1.0m ●サイズ/幅341㎜×高さ269㎜×奥行き328㎜ ●重量/4.3kg

●消費電力/1300W
●温度調節/最高260℃
●電源コード長/約1.0m
●サイズ/幅341㎜×高さ269㎜×奥行き328㎜
●重量/4.3kg

三つのヒーターで失敗なく絶妙に焼き上げる

トースト時には、7200とおりのパターンから最適なプログラムを選び、ベストな焼き加減に仕上げる。遠赤外線2本と近赤外線のトリプルヒーターがパンの中と外を同時に加熱するため、難しい冷凍クロワッサンのリベイクもお手の物だ。

画像: 遠赤外線ヒーターが表面を香ばしく、近赤外線ヒーターが中をアツアツに加熱。両方から同時にアプローチすることで、失敗なく焼き上げる。

遠赤外線ヒーターが表面を香ばしく、近赤外線ヒーターが中をアツアツに加熱。両方から同時にアプローチすることで、失敗なく焼き上げる。

また、手動モードを使って、冷凍生地から焼き上げることもできる。

シンプルでミニマムなデザインだが、液晶画面が見やすくて、使いやすい。モード選択時は、「うすぎりトースト」などとメニュー名で表示されるのでわかりやすく、スムーズに操作ができる。

画像: フルドット液晶画面を採用。モード選択ではメニュー名が表示され、確認がしやすい。加熱中は残り時間が表示される。

フルドット液晶画面を採用。モード選択ではメニュー名が表示され、確認がしやすい。加熱中は残り時間が表示される。

《パナソニック/トースト結果》
うすぎりトーストモード→スタートで約3分。表面のカリッと感と、中のもっちり感のコントラストが絶妙な焼き上がりに。

画像3: 左から表面、裏面

左から表面、裏面

オートモードは、各種パンメニューのほか、話題のやきいも専門店の味を追求した「じっくりやきいも」を含む15種類を搭載。


■バルミューダ

洗練されたデザインや、スチームを使ったトースト、活発なレシピ展開など独自のこだわりが満載で、新世代トースターの先駆的存在。

バルミューダ
BALMUDA The Toaster K05A

実売価格例:2万5850円

販売台数100万台を突破した大ヒットトースターの最新機。独自のスチームテクノロジーと細やかな温度制御で、こだわりの味を追求する。

画像: ●消費電力/1300W ●温度調節/最高230℃ ●電源コード長/約1m ●サイズ/幅357㎜×高さ209㎜×奥行き321㎜ ●重量/4.4kg

●消費電力/1300W
●温度調節/最高230℃
●電源コード長/約1m
●サイズ/幅357㎜×高さ209㎜×奥行き321㎜
●重量/4.4kg

焼く前に水を注入。水分や香りを中に閉じ込める

発売から2回マイナーチェンジをしており、最新機では温度制御全体を見直して、よりおいしい仕上がりを実現している。

画像: 使用前に付属の5㏄カップを使って、天面の給水口から水を注入。運転時は薄い水の幕がパンの表面を覆い、水分や油分、香りを中に閉じ込める。

使用前に付属の5㏄カップを使って、天面の給水口から水を注入。運転時は薄い水の幕がパンの表面を覆い、水分や油分、香りを中に閉じ込める。

画像: 使用時は 左のダイヤルでモードを選び 、 右のタイマーで時間をセットしてスタート する。タイマーダイヤルの周囲にある目盛りが光るので、設定時間が読み取りやすい。

使用時は左のダイヤルでモードを選び右のタイマーで時間をセットしてスタートする。タイマーダイヤルの周囲にある目盛りが光るので、設定時間が読み取りやすい。

《バルミューダ/トースト結果》
吸水口に水を入れてトーストモードを選び、タイマーを3分にセットしてスタート。冷凍パンの場合は1分プラスする。

画像4: 左から表面、裏面

左から表面、裏面

また、焼き網やボイラーカバー(スチーム発生部のカバー)の改良で、メンテナンス性も向上した。特に焼き網は、フレームに載せるだけという仕様で着脱が手軽になり、内部の掃除がよりこまめにできるようになっている。


■ブルーノ

スタイリッシュなデザインが多い中、クラシカルな味わいが人気のブルーノ。タイマーにはチクタクと時を刻むアナログ音を採用し、レトロな雰囲気を一層盛り上げる。

ブルーノ
crassy+ スチーム&ベイク トースター

実売価格例:1万5400円

レトロで温かみのある北欧デザインを採用し、インテリア性に富んだモデル。粉から作るパンレシピを公開するなど、レシピサイトの独自性も光る。

画像: ●消費電力/1350W ●温度調節/最高250℃ ●電源コード長/約1.2m ●サイズ/幅350㎜×高さ225㎜×奥行き370㎜ ●重量/4.8kg

●消費電力/1350W
●温度調節/最高250℃
●電源コード長/約1.2m
●サイズ/幅350㎜×高さ225㎜×奥行き370㎜
●重量/4.8kg

トーストは水を注入し、スチームでモチッと仕上げる

画像: トースト時は、前面の吸水ドアを開けて水を注入。運転時は庫内にスチームが充満し、パンの水分が失われるのを防いで、中をモチッと仕上げる。

トースト時は、前面の吸水ドアを開けて水を注入。運転時は庫内にスチームが充満し、パンの水分が失われるのを防いで、中をモチッと仕上げる。

「スチーム」「ノーマル」「コンベクション」の3種類のマニュアルモードを備え、料理やスイーツ作りにも幅広く利用が可能だ。トーストする際はスチームモードを使い、水蒸気でパンの表面を包み込み、高温で一気に焼き上げる。

画像: 調理方法に応じ、「スチーム」「ノーマル」「コンベクション」のモードをダイヤルで切り替える。

調理方法に応じ、「スチーム」「ノーマル」「コンベクション」のモードをダイヤルで切り替える。

画像: くず受けトレイや焼き網、給水口のシリコンカップなどは、取り外しが可能。汚れたら洗えるので、気持ちよく使える。

くず受けトレイや焼き網、給水口のシリコンカップなどは、取り外しが可能。汚れたら洗えるので、気持ちよく使える。

《ブルーノ/トースト結果》
ダイヤルで「スチーム」を選択→温度を設定→時間をセットして開始。トースト2枚は、250℃で3分〜3分半で焼き上がる。

画像5: 左から表面、裏面

左から表面、裏面

レシピサイトでは、アレンジパンや料理ではなく、粉から作る手作りパンレシピを公開するなど、ちょっと変わったアプローチを展開。自分の手でこねるパン作りを推奨することで、おうち時間の充実をサポートしながら、トースターに親しむ時間も生んでいる。

各社がオリジナルレシピの提供にも注力

最近は、レシピサイトをメーカーが直接運営するケースが増えている。オリジナルレシピの提供などで製品の使用をサポートすると同時に、ユーザーとの接点を持つメリットがある。

「パナソニック」のレシピサイト

写真映えするアレンジパンやオーブンメニューを多数掲載。人気の生食パン専門店「乃が美」とのコラボも好評。

画像: https://panasonic.jp/cooking/recipe/toaster.html

https://panasonic.jp/cooking/recipe/toaster.html

「ブルーノ」のレシピサイト

人気ベーカリーのシェフが考案した、作りやすいパンレシピを公開。作り方が動画で丁寧に紹介され、まねしやすい。

画像: https://brunofans.jp/bruno-ouchi-de-bakery/

https://brunofans.jp/bruno-ouchi-de-bakery/

「バルミューダ」のレシピサイト

オリジナルやプロとのコラボレシピを紹介。ニュースメール(無料)に登録すると、最新のレシピ情報が届く。

画像: https://www.balmuda.com/jp/toaster/recipes

https://www.balmuda.com/jp/toaster/recipes

まとめ

今回は、所有する心地よさや使う楽しみなど、付加価値が充実しているトースターを選んだ。コロナ禍で家で過ごす時間が増えた昨今は、そういった豊かさを備えるアイテムが求められているように思う。もちろん、新世代トースターは、性能もしっかりと進化していて、道具としても魅力的だ。先々は、ネットとつながって自動メニューが増やせるなど、ハイテク方面の進化にも期待できそうだ。

※価格は記事作成時のものです。

取材・執筆/諏訪圭伊子(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.