ブルーノ「グリルサンドメーカー ダブル」は、見た目もオシャレなホットサンド2枚焼き。グリルプレート付きで多彩な調理にも活用できる。定番のベーコン、ウインナー、卵、アボカドなどのサンドもいいが、スーパーの総菜売り場で買ったハムカツを使ったホットサンドも、けっこうおいしかったです!

テレワーク中の『特選街』編集部。だったら、自宅でいろいろ試しちゃおう! ということで、編集長が気になるモノをチェックしていきます。

編集長が在宅deチェック!
ブルーノ
「グリルサンドメーカー ダブル」

実売価格例:1万1000円

見た目もオシャレなホットサンド2枚焼き。グリルプレート付きで多彩な調理にも活用できる!

画像: オシャレなデザインが目を引くブルーノの最新グリルサンドメーカー。本機は、ホットサンドが2枚作れるサイズで、肉などが焼けるグリルプレートも付属する。温度調整ダイヤル(左)とタイマー(右)を備え、好みの焼き加減が楽しめる。

オシャレなデザインが目を引くブルーノの最新グリルサンドメーカー。本機は、ホットサンドが2枚作れるサイズで、肉などが焼けるグリルプレートも付属する。温度調整ダイヤル(左)とタイマー(右)を備え、好みの焼き加減が楽しめる。

SPEC
●消費電力/900W●電源/AC100V●電源コード長/約1.3m●サイズ/幅285㎜×高さ145㎜×奥行き240㎜●重量/3kg

画像: プレートは簡単に取り外せるので、使用後のお手入れも手間いらず。

プレートは簡単に取り外せるので、使用後のお手入れも手間いらず。

画像: 背面には油受けトレーを装備。グリルプレート使用時も安心して使える。

背面には油受けトレーを装備。グリルプレート使用時も安心して使える。

温度調整とタイマー、二つのダイヤルを装備

コロナ禍で、調理家電がよく売れている。中でも、トースターやホームベーカリー、ホットサンドメーカーなど、パン関連の人気が高い。今回紹介する、ブルーノの「グリルサンドメーカー」は、赤のボディカラーが映えるオシャレなダブルサイズで、肉や野菜も焼けるグリルプレートが付属。GW直前に発売され、一時は品切れ状態にもなった人気モデルである。

ホットサンドメーカーは、本体のボタンが少なく、見た目のスッキリした製品が多いが、本機は、二つの操作ダイヤル(左が温度調整、右がタイマー)と、しっかりと握れるハンドルを装備。なかなかの存在感だ。

さて、ホットサンドを作るに当たり、同社サイトでレシピを参照したが、2種類しか掲載がなかったので、その材料を参考に自分なりに食材をそろえることにした。ベーコン、ウインナー、卵、アボカド、レタス、キャベツ、玉ねぎ、スライスチーズ、お総菜のコロッケやハムカツなど。これらをいろいろ組み合わせて作ってみよう。

まず、8枚切りの食パンに、レタス、ベーコン、目玉焼き、アボカドなどを重ねてサンド。本体は、あらかじめ5分ほど予熱をしておく。サンドしたパンをプレートに置いたら、ハンドルを持って上からプレス。温度調整を「Hi(ハイ)」、タイマーを3分にセットした。

画像: 8枚切りの食パンにベーコンや目玉焼き、アボカドなどを挟んでプレス! こんがりときれいな焼き目がついた。

8枚切りの食パンにベーコンや目玉焼き、アボカドなどを挟んでプレス! こんがりときれいな焼き目がついた。

出来上がりは、みごとな焼き目がついて、満足のいくレベル。ただ、焼き目は時々で違ったりしたので、物足りないときは、温度を調整しつつ、好みに合わせて追加焼きすればいいだろう。

誰でも手軽に見た目よく作れるのがホットサンドのいいところ!

画像: 温度調整とタイマー、二つのダイヤルを装備

付属のグリルプレートでは、肉もケーキ用の生地も焼けるので、応用の幅はかなり広い。しまい込んではもったいないので、食卓に出しっぱなしにしておいて、朝でも昼でも夜でも、いろいろな調理に使うと楽しいと思う。

画像: グリルプレートでは鶏ムネ肉を焼いてみた。牛肉でも野菜でも、さまざまな食材を挟んで焼くことができる。

グリルプレートでは鶏ムネ肉を焼いてみた。牛肉でも野菜でも、さまざまな食材を挟んで焼くことができる。

今月のオマケ話…

スーパーの総菜売り場で買ったハムカツを使ったホットサンドが、けっこうおいしかったです。ただ、半分にカットしたときの断面(見た目)があまり美しくなかったので、写真掲載はボツにしました。

※価格は記事作成時のものです。

◆テキスト/月刊『特選街』編集長 吉田正之

This article is a sponsored article by
''.