DJI JAPANが、空撮対応ドローンの最新モデル「DJI Air 2S」を発売した。1インチセンサー採用の高性能カメラにより、2000万画素の静止画や5.4K/30fpsの動画を撮影できるのが特徴。

DJI
Air 2S

●価格:スタンダード版=11万9900円、Fly More コンボ=16万5000円

DJI JAPANが、空撮対応ドローンの最新モデル「DJI Air 2S」を発売した。1インチセンサー採用の高性能カメラにより、2000万画素の静止画や5.4K/30fpsの動画を撮影できるのが特徴。

画像1: DJI Air 2S

定評のある3軸ジンバルや多彩な撮影モードも備えているから、誰でもプロレベル並みの高品位な映像を撮れる。また、障害物への接近を警告する4方向の障害物検知機能や最先端の自動操縦システムも搭載しており、安心して撮影に専念できる。

画像2: DJI Air 2S

飛行時間は最大31分。スタンダード版のほかに、装備を充実させた「Fly Moreコンボ」も用意されている。

画像3: DJI Air 2S

●問い合わせ先:DJI JAPAN 03-6634-4949

※この記事は『特選街』2021年7月号に掲載されたものです。
※価格は記事作成当時のものです。

This article is a sponsored article by
''.