パナソニックは、ミラーレスカメラの最新モデルとして、有効2033万画素Live MOSセンサーを採用した「LUMIX DC-GH5M2」を発売した。シリーズ初の無線ライブ配信機能を搭載しているのが特徴で、スマートデバイスとテザリング接続すれば、屋内外さまざまな場所から高画質のライブ配信(最大フルHD/60p)を行える。

パナソニック
LUMIX DC-GH5M2

●実売価格:ボディ単体=21万5600円程度、レンズキット=24万3100円程度

パナソニックは、ミラーレスカメラの最新モデルとして、有効2033万画素Live MOSセンサーを採用した「LUMIX DC-GH5M2」を発売した。

画像1: パナソニック LUMIX DC-GH5M2

シリーズ初の無線ライブ配信機能を搭載しているのが特徴で、スマートデバイスとテザリング接続すれば、屋内外さまざまな場所から高画質のライブ配信(最大フルHD/60p)を行える。

画像2: パナソニック LUMIX DC-GH5M2

放熱構造の改善と大容量バッテリーの採用により、時間制限のない安定した配信を実現。設定や操作も、専用アプリを使って簡単に行える。本体記録なら、Cinema4K/60p 10ビットでの動画撮影も可能だ。

画像3: パナソニック LUMIX DC-GH5M2

●問い合わせ先:パナソニック 0120-878-638

※この記事は『特選街』2021年8月号に掲載されたものです。
※価格は記事作成当時のものです。

This article is a sponsored article by
''.