象印マホービンは、キッチン家電の新ラインアップとして、ミルつきミキサー「BM-SS10」を発売した。独自の「クラッシュ&カット チタンコートブレード」を採用しており、粉砕と切削の両方を効率よく行える。容器は、重さがガラスの半分しかない「コポリエステル樹脂」製で、注いだり持ち運んだりが楽に行える。

象印マホービン
BM-SS10

●実売価格:1万2100円程度

象印マホービンは、キッチン家電の新ラインアップとして、ミルつきミキサー「BM-SS10」を発売した。

画像1: 象印マホービン BM-SS10

独自の「クラッシュ&カット チタンコートブレード」を採用しており、粉砕と切削の両方を効率よく行えるのが特徴。

画像2: 象印マホービン BM-SS10

容器は、重さがガラスの半分しかない高機能素材「コポリエステル樹脂」製で、注いだり持ち運んだりが楽に行える。1リットルの大容量モデルながら、底を絞った形状だから、少量の食材でもしっかりした処理が可能だ。

画像3: 象印マホービン BM-SS10

付属のミル容器を使えば、コーヒー豆を挽いたり、ソースを作ったりもできる。モードは3種類。

画像4: 象印マホービン BM-SS10

●問い合わせ先:象印マホービン 0120-345135

※この記事は『特選街』2021年11月号に掲載されたものです。
※価格は記事作成当時のものです。

This article is a sponsored article by
''.