富士フイルムは、35㎜判(フルサイズ)の約1.7倍となるラージフォーマットセンサーを採用したミラーレスデジタルカメラ「GFXシリーズ」の最新モデルとして「GFX50S II」を発売した。小型軽量ボディに、有効約5,140万画素センサーや強力な手ブレ補正機構を搭載している。

富士フイルム
FUJIFILM GFX50S II

●実売価格:ボディ単体=49万5000円程度/レンズキット=54万8900円程度

約900グラムの小型軽量ボディに、有効約5140万画素センサーを搭載したミラーレス一眼

富士フイルムは、35㎜判(フルサイズ)の約1.7倍となるラージフォーマットセンサーを採用したミラーレスデジタルカメラ「GFXシリーズ」の最新モデル「GFX50S II」を発売した。

(ラージフォーマットセンサーとは、対角線の長さが55ミリ(横43.8ミリ×縦32.9ミリ)で、35㎜判の約1.7倍の面積を持つイメージセンサーのこと。)

画像: サイズ:幅150ミリ×高さ104.2ミリ×奥行き87.2ミリ(最薄部44ミリ) 重量:900グラム(ボディ単体、付属バッテリー、メモリーカードを含む)

サイズ:幅150ミリ×高さ104.2ミリ×奥行き87.2ミリ(最薄部44ミリ)
重量:900グラム(ボディ単体、付属バッテリー、メモリーカードを含む)

質量約900グラム(付属バッテリー、メモリーカードを含む)の小型軽量ボディに、有効約5,140万画素センサーや強力な手ブレ補正機構を搭載。高速画像処理エンジンなどによる高性能AFも備えており、圧倒的な機動力を発揮する。

富士フイルムは、2017年に、「GFXシリーズ」の第一弾として「FUJIFILM GFX 50S」を発売。その後ラインアップを拡充し、35㎜判の面積を上回るセンサー搭載のミラーレスデジタルカメラ市場を切り拓いてきた。「GFXシリーズ」は、プロ写真家やハイアマチュアを中心に、画質や機動性で高い評価を得ているシリーズだ。

最新モデルの「GFX50S II」は、豊かな階調表現が可能で、低照度環境でも極めてノイズの少ないクリアな写真撮影を実現した。また、細部までとらえる高解像性能と浅い被写界深度による美しいボケ味を生かし、被写体を際立たせた立体的な表現を行うことができる。さらに、5軸・最大6.5段(「フジノンレンズ GF63㎜F2.8 R WR」装着時)の強力な手ブレ補正機構を搭載しているから、三脚を使用できない場所や光量が少ない場所での手持ち撮影をサポートしてくれる。高速画像処理エンジン「X-Processor 4」と最新アルゴリズムによる高性能AFも備えているので、素早く正確に被写体を捕らえることができる。

主な特徴

ラージフォーマットセンサーを搭載し超高画質を実現

有効約5,140万画素のラージフォーマットセンサーを搭載しているから35㎜判センサー搭載のデジタルカメラと比べても1画素あたりの受光面積が大きいため、広いダイナミックレンジと高いS/N比を実現している。白飛びや黒つぶれを抑えた豊かな階調表現や、ノイズの少ないクリアな写真撮影が可能だから、被写体の質感や、その場の空気感まで描写することができる。

フォーマットサイズ比較

画像: https://fujifilm-x.com/ja-jp/products/cameras/gfx50s-ii/feature-device/

https://fujifilm-x.com/ja-jp/products/cameras/gfx50s-ii/feature-device/

白飛びや黒つぶれを抑えた豊かな階調表現などにより、超高画質な写真撮影が可能。

画像: ©Tommy Simonsen

©Tommy Simonsen

イメージセンサー上のマイクロレンズを小型化することで、各ピクセルの光の分解能を高める独自設計を採用。センサーの性能をフルに引き出す「フジノン GFレンズ」との組み合わせにより、被写体の細部まで写すことが可能。

ラージフォーマットセンサーならではの浅い被写界深度により、豊かなボケ味を実現。背景を美しくぼかすことで被写体を際立たせた立体的な表現ができるなど、意図どおりの写真を撮ることができる。

全19種類の「フィルムシミュレーション」を搭載

高彩度かつ柔らかい階調表現を特徴とする「ノスタルジックネガ」を含む全19種類の「フィルムシミュレーション」を搭載。被写体やシーンに合わせて、写真フィルムを選ぶ感覚で多彩な表現を楽しむことができる。色や階調などをライブビューで確認しながら撮影できるため、撮影後の編集の負担を軽減してくれる。

小型軽量ボディにより高い機動力を発揮

小型設計を施したボディ内手ブレ補正機構やシャッターユニットを採用するとともに、各種デバイスの配置を最適化することで、質量約900グラム・高さ約104.2ミリ×奥行約87.2ミリの小型軽量ボディを実現した。

手に馴染みやすいグリップ形状により、高いホールド性を発揮。大型のズームレンズなどを装着して撮影する際の負担を大幅に軽減し、快適に撮影することができる。

筐体には高強度のマグネシウム合金を採用。特に負荷のかかりやすいマウント周辺部に十分な厚みを持たせた設計を行うことで、高剛性ボディを実現。さらに、60ヶ所にシーリングを施した防塵・防滴・-10℃の耐低温構造による高いタフネス性能も備えており、超高画質を可能とする撮影シーンを大きく広げてくれる。

5軸・最大6.5段の強力な手ブレ補正機構

高性能なジャイロセンサー・加速度センサーを採用した、5軸・最大6.5段の強力な手ブレ補正機構を搭載。三脚を使用できない場所や光量が少ない場所での手持ち撮影をサポートし、ブレを抑えた写真を快適に撮ることができる。

被写体を素早く正確にとらえる高性能AFを搭載

画像処理エンジンが「X-Processor Pro」から「X-Processor 4」に変更されたことにより最新アルゴリズムによる高性能AFを実現。強力な手ブレ補正機構との組み合わせで、幅広いシーンで被写体を素早く正確にとらえることができるようになった。

リフレッシュレートを従来モデル(GFX 50S)より倍速化したことで、「顔・瞳検出AF」の精度を向上させた。また、被写界深度が浅く高いピント精度が求められるラージフォーマットセンサーによる撮影においても、被写体の一瞬の表情をとらえることができるなど、動きのあるポートレート撮影をサポートしてくれる。

快適な操作性を発揮しスムーズな撮影を実現

モードダイヤルをボディ天面に搭載したことで、「GFXシリーズ」を初めて使う人でも、分かりやすい操作方法で撮影することができる。また、モードダイヤルには、C1~C6の6つのカスタムポジションを配置しているから、各ポジションに登録したお好みの撮影条件を素早く呼び出してスムーズに撮影することができる。

画像1: 快適な操作性を発揮しスムーズな撮影を実現

静止画/動画切替スイッチを天面に搭載。静止画モードと動画モードを瞬時に切り替えられ、快適な操作性を発揮。長時間の使用でも疲れを感じにくいフラットな形状のフォーカスレバーを採用。また、フォーカスエリア選択時のレスポンスを向上させているため、意図した位置に素早くピントを合わせることが可能だ。

視認性に優れる1.80型の天面サブ液晶モニターを搭載。シャッタースピード、絞り、感度、露出などの主要な撮影情報に加え、静止画撮影時には残撮影枚数、動画撮影時には撮影時間を確認できる。また、表示のカスタマイズも可能で、高い利便性を備えている。

画像2: 快適な操作性を発揮しスムーズな撮影を実現

背面液晶モニターには、3.2型・約236万ドット、視野率100%のモニターも採用。**上90°、下45°、右60°に可動する3方向チルト式で、タッチパネル式TFTの併用で、電子ビューファインダー(EVF)を利用することが困難なハイアングルやローアングルでの撮影も簡単に行うことができる。

画像3: 快適な操作性を発揮しスムーズな撮影を実現

「ピクセルシフトマルチショット」機能を搭載

「GFX100/GFX100S」にも搭載されている4倍の解像力と忠実な色再現による撮影が可能な「ピクセルシフトマルチショット」機能も搭載。絵画や遺跡といった文化財の色や質感を、約2億画素の超高精細な画像で再現することができるため、デジタルアーカイブ用途にも最適だ。

●問い合わせ先:富士フイルム 0570-04-1060

※価格は記事作成当時のものです。

This article is a sponsored article by
''.