アクアは、ドラム式洗濯乾燥機の新製品として、まっ直ぐドラム「AQW-DX12M」を発売した。新モデルは、水平ドラムの採用により、洗濯物の絡みや洗いムラを抑えながら乾燥させることができる。また熱とUVの力で衣類の除菌・消臭効果を高められる「エアウォッシュ」機能を搭載しているから、手軽に衣類などを清潔に保てるようになった。

アクア
AQW-DX12M

●実売価格:26万1800円程度

水平ドラムで洗濯物が絡まずに仕上がる!熱とUVの力で衣類の除菌・消臭効果を高めたドラム式洗濯乾燥機

アクアは、水平ドラムの採用によって、洗濯物の絡みや洗いムラを抑えながら乾燥させることができ、熱とUVの力で衣類の除菌・消臭効果を高められる「エアウォッシュ」機能を搭載した、ドラム式洗濯乾燥機まっ直ぐドラム「AQW-DX12M」を発売した。

画像: サイズ:幅595ミリ×高さ943ミリ×奥行き735ミリ(幅・奥行きは排水ホース含む) 重量:約94キロ

サイズ:幅595ミリ×高さ943ミリ×奥行き735ミリ(幅・奥行きは排水ホース含む)
重量:約94キロ

主な特徴

洗濯容量12キロクラスNo.1、さまざまな家に設置可能なコンパクト大容量ドラム式洗濯乾燥機

「AQW-DX12M」は、設置場所の制約を解消するために、乾燥に使用する熱交換器に業界で初めてマイクロチャネル方式を採用した。そのことにより熱交換効率を向上させられたとともに洗濯容量12キロクラスでNo.1のコンパクトボディを実現。従来モデル「AQW-DJ7000」(洗濯容量:9キロ)と比べても約20%もサイズダウンすることができた。

画像1: 主な特徴

洗濯物の絡みや洗いムラを抑える「まっ直ぐドラム」

従来機種に搭載されていた斜めドラムは、乾燥時に洗濯物が絡み合いシワになりやすいという課題があったが、同社の業務用洗濯機のノウハウを活かし、コインランドリー用大型洗濯乾燥機と同様に水平ドラムを採用した。

ドラムを水平に設置することで洗濯物に均等に回転力がかかるため洗いムラをなくし、洗濯物の絡みやシワを抑えながら乾燥させることができる。

画像2: 主な特徴

熱とUVの相乗作用による除菌・消臭機能

本機は熱とUVによって洗濯物の除菌や消臭ができる機能を搭載した。洗濯槽と外槽の間に、UVライトを配置し槽内に照射することにより洗濯中の水をキレイにしながら洗うことができる。さらに温風ミストとUVを掛け合わせた「エアウォッシュ」、UVを照射しながら60℃の温水で洗う「お湯洗いコース」、高温乾燥による「熱・UVパワフル除菌」により、手軽に衣類などを清潔に保つことができる。

UVライトが外に漏れない安全設計

画像: イメージ図

イメージ図

乾燥フィルター自動おそうじ機能

乾燥運転時に内蔵のフィルターに溜まった糸くずやホコリを洗濯運転前と乾燥運転中に検知し、ワイパーブラシが自動で掃き出し、水で洗い流してくれる。流れたホコリは、全て排水フィルターでキャッチするため、これまで乾燥機能を使用するたびにおこなってきたフィルターの掃除が不要になった。また、内蔵の乾燥フィルターから流された水は、フィルターだけでなく内部のホコリが溜まりやすい部分も、まとめて洗い流してくれるから、経年による乾燥性能の低下を防ぐことができる。

画像: イメージ図 内蔵フィルターに付いた糸くず・ホコリをワイパーブラシが絡めとり、シャワー水をかけて排水フィルターに洗い流してくれる。また、排水経路も一緒に洗う。

イメージ図

内蔵フィルターに付いた糸くず・ホコリをワイパーブラシが絡めとり、シャワー水をかけて排水フィルターに洗い流してくれる。また、排水経路も一緒に洗う。

オールラウンド浸透洗浄

ドラムの静止と回転を繰り返しながら、高濃度の洗剤液を衣類全体に浸透させる。まっ直ぐドラムの特性をいかして、高い位置から衣類をまっすぐ落としてたたき洗いを繰り返すことで、皮脂汚れなどを含む12キロの洗濯物も、わずか29分でスッキリ洗い上げてくれる。

画像: 左から、オールラウンド浸透、たたき洗い、もみ洗いのイメージ図。

左から、オールラウンド浸透、たたき洗い、もみ洗いのイメージ図。

●問い合わせ先:アクア 0120-880-292

※価格は記事作成当時のものです。



This article is a sponsored article by
''.