東芝ライフスタイルは、圧力IHジャー炊飯器の新製品として、大火力と多段階火力調節により一粒一粒ふっくらとした甘みのあるご飯に炊き上げる「炎ほのお匠炊きたくみだき」を採用した、小容量タイプ(最大炊飯容量3.5合)「RC-6PXR」を発売した。

東芝ライフスタイル
RC-6PXR

●実売価格:3万2800円程度

炊き分け機能を備え、圧力IH方式を採用したコンパクト、小容量タイプの炊飯器

東芝ライフスタイルは、圧力IHジャー炊飯器の新製品として、大火力と多段階火力調節により一粒一粒ふっくらとした甘みのあるご飯に炊き上げる「炎ほのお匠炊きたくみだき」を採用した、小容量タイプ(最大炊飯容量3.5合)「RC-6PXR」を発売した。本製品は、炊き分け機能を備え、圧力IH方式を採用したコンパクト・小容量タイプの炊飯器として、新たにラインアップに追加。小容量タイプでもより自分好みの美味しいご飯を求める人向けに、炊飯方式、炊飯コース、デザイン、手入れ性を向上させた。

画像: 「RC-6PXR」左からブラック、ホワイト サイズ:幅246ミリ×奥行き302ミリ×高さ216ミリ(ふた開時 高さ︓425ミリ) 重量:約5.1キロ

「RC-6PXR」左からブラック、ホワイト
サイズ:幅246ミリ×奥行き302ミリ×高さ216ミリ(ふた開時 高さ︓425ミリ)
重量:約5.1キロ

「RC-6PXR」は、700ワットの大火力で一気に炊き上げることで一粒一粒の米の芯まで熱が伝わり、粒立のよいごはんに仕上げてくれる。また、加熱時や蒸らし時でも適切な火力に多段階火力調節する「炎 匠炊き」に加え、最大圧力1.2気圧の約105℃沸騰という高火力で加熱し圧力をかけることで、お米の芯までしっかり熱を加え、粘りと甘みを引き出し、小容量から最大容量まで、ふっくらと粒が立つごはんに炊き上がる。内釜には「備長炭ダイヤモンド釜」を採用。遠赤効果の高い備長炭と、熱伝導率の良いダイヤモンドを含んだコーティングを内面に施しているため、米の芯までしっかり熱を伝えて、均一にふっくらと炊き上げられる。

また、好みやその日の料理に合わせた食感を楽しめるよう、「本かまど」の他、「かため」・「やわらか」の3通りの食感炊き分けや、独自の「甘み炊き」・「白米・玄米混合」コースなど11の炊飯コースを搭載。玄米、雑穀米、麦ご飯といった健康米も手軽においしく炊飯することができる。カラーは、キッチンに馴染むようにブラックとホワイトの2色を用意。手入れがしやすいフラット形状パネルの採用など、デザイン性と使いやすさも両立させている。

主な特徴

大火力と多段階火力調節「炎 匠炊き」と最大圧力1.2気圧で、ふっくらと粒立ちよく甘み・粘りを引き出す炊飯方式

ごはんを粒立たせる700ワットの大火力で、加熱時や蒸らし時でも適切な火力に多段階火力調節する
「炎 匠炊き」に加え、最大圧力1.2気圧の約105℃沸騰で炊き上げることで、米の芯までしっかり熱を加え、粘りと甘みを引き出し、茶碗一杯分とされる0.5合の小容量から最大容量の3.5号までふっくらと粒立ちのよいごはんに炊き上げることができる。

メニューや気分に合わせて3通りの食感炊き分け

高圧力で芯まで加熱し、甘みと粘りのあるふっくらごはんに炊き上げる「本かまど」コースは、
「本かまど」の他、「かため」・「やわらか」と自分の好みに合った3通りの炊き分けが選べるため、いつもの米も食感を変えて違いを楽しむことが可能だ。

独自の「甘み炊き」コース、「白米・玄米混合」コースなど11の炊飯コース

米をしっかり水にひたし、水を十分に吸水してからゆっくり加熱することでより甘みが感じられるようにする「甘み炊き」コース。食べにくい玄米も、白米との食感の差が少なくなるように食べやすく、バランス良く炊き上げる「白米・玄米混合」コースなど、11の炊飯コースを搭載。さまざまな健康米も簡単においしく炊飯可能だから、毎日の食事で手軽に栄養バランスをアップできる。

画像: 「甘み炊き」コース/「炊込み」コース/「白米・玄米混合」コース/「麦ご飯」コース/「雑穀米」コース

「甘み炊き」コース/「炊込み」コース/「白米・玄米混合」コース/「麦ご飯」コース/「雑穀米」コース

キッチンに馴染むシンプル・モノトーンの外観とお手入れしやすいフラット形状パネルを採用するなど、デザイン性と使いやすさを両立

細部にまでこだわったシンプルなデザインは、マットな質感とモノトー ン基調でキッチン空間とも調和する。天面はフラット形状のパネルを採用。凹凸が少なく、さっと拭きやすくなっている。また、炊込みごはんの後など、臭いが気になる時に便利な蒸気で臭いや汚れを浮かせる「お手入れ」コースも備えている。

画像: 主な特徴

●問い合わせ先:東芝ライフスタイル 0120-1048-76

※価格は記事作成当時のものです。



This article is a sponsored article by
''.