この記事では、国立新美術館(東京・六本木)にて2021年10月1日から12月19日まで開催中の「庵野秀明展」の見どころをお伝えします。興行収入100億円超の話題作『シン・エヴァ』も記憶に新しいところですが、そもそも庵野秀明というクリエイターのルーツや功績、本人が伝えたかったメッセージはどういったモノだったのでしょうか?90年代以降のカルチャーに今なお影響を与え続ける”庵野氏ワークス”の魅力に迫ります。

庵野秀明というクリエイターとその代表作について

庵野秀明といえば、「エヴァンゲリオン」シリーズをゼロから作り上げた張本人として広く知られているクリエイターです。また、2016年には映画『シン・ゴジラ』の監督も務め、特撮としては異例の興行収入80億円超という記録を果たしたことも話題を呼びました。

特設展のレポート前に、まずはそんな庵野秀明の代表作を時系列順にご紹介します。

自主制作アニメ『DAICON』~スタジオジブリ参加

幼少期よりアニメ・特撮・SFなどに熱を注いでいた庵野秀明は、高校生の頃には既に自主制作の映像作品を手掛けるなど、美術方面で稀有な才能を発揮していました。大阪芸術大学への進学後には同人サークル「DAICON FILM」を設立し、日本SF大会に『DAICON Ⅲ』『DAICON IV』などの自主制作アニメをオープニングムービーとして提供しました。

ハイレベルな作画などが大きな話題となり、同イベントの赤字を補うべく異例の映像ソフト販売などが行われるなど、学生時代から既に業界の注目を集めました。なお、このDAICON FILMが後のアニメ制作会社「GAINAX」の母体となり、同サークルのメンバーであった山賀博之や赤井孝美、貞本義行や前田真宏といったクリエイターと共に、勢力的な活動を展開することとなります。

庵野氏は、同時期にSFアニメ『超時空要塞マクロス』の制作に参加するなど、既にプロとしての活動もスタートしており、スタジオジブリの実質的な1作目となるアニメ映画『風の谷のナウシカ』制作スタッフへの応募と共に上京します。その後数々の商業作品にアニメーターとして参加し、業界での存在感を高めていきました。

GAINAX設立~『トップをねらえ!』『ふしぎの海のナディア』などの成功

アニメーターとしての活躍を続ける傍ら、庵野氏は学生時代のサークル「DAICON FILM」を母体にアニメ制作会社「GAINAX」を立ち上げます。数々の制作現場で活躍した経験を活かし、同スタジオ初の長編作品となる『王立宇宙軍 オネアミスの翼』の制作などを成功させます。

その手腕から確かな評価を獲得した庵野氏は、OVAシリーズ『トップをねらえ!』から監督としてのキャリアをスタートし、その2年後となる1990年にはNHKにて放映されたTVアニメ『ふしぎの海のナディア』で大成功を収め、一躍時の人となりました。

社会現象を巻き起こした『新世紀エヴァンゲリオン』

アニメーターから監督へとステップアップを重ねた庵野秀明は、その後も数々のTVアニメ・劇場作品・OVAなどにさまざまな形で参加しつつ、次なるオリジナル作品の企画を進めていきます。その企画こそ、1995年に放映された『新世紀エヴァンゲリオン』だったのです。

同作は第1話の放映から既に、ストーリー・作画などさまざまな方面から大きな反響を呼んだものの、厳しい制作スケジュールやクオリティの過剰な追求などが原因となり、異質な幕引きを迎えます。批判を含む激論が、ファンを中心に交わされました。

再放送や劇場版などの発表を機に、庵野氏の作品はアニメファン以外にも広く普及していきました。週刊誌や各メディアをも巻き込んだ社会現象を起こし、90年代サブカルチャーの台風の目となります。しかしながら、同時期に庵野氏は心身に不調をきたし、98年に放映されたTVアニメ『彼氏彼女の事情』をもって一時的にアニメーション制作から一線を引くこととなります。

実写映画への挑戦、そして『新劇場版』『シン・ゴジラ』『シン・エヴァ』へ

「エヴァ」で大成功を果たした庵野氏は、1998年に公開された村上龍原作の映画『ラブポップ』を皮切りに実写映画の世界へと挑戦していきます。その2年後には故郷の山口県宇部市を舞台として『式日』を手掛けるなど、表現方法をアニメから実写に転化させてもなおクリエイターとしての才覚を発揮し続けました。

なお、実写という表現方法は『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』などの時点で既に取り入れられていることも、注目に値するポイントです。

アニメの世界からは一線を引いたかに見えた庵野氏ですが、シリーズ完結から10年後にあたる2007年に「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」プロジェクトのスタートを突如として発表し、同年9月に『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』を公開します。

その2年後には『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』を、2012年には『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を公開し、いずれも大ヒットを記録。さらなるエヴァブームを巻き起こし、四半世紀以上にわたって同シリーズが親しまれる土壌を築き上げました。

完結作にあたる『シン・エヴァンゲリオン劇場版』はその後2021年まで完成・公開が持ち越されることとなりますが、その間にも『シン・ゴジラ』などのヒット作を発表したり、ジブリ映画『風立ちぬ』に主演声優として参加したりと、各方面で多彩な活躍を続けることとなります。
2023年には『シン・仮面ライダー』の上映も予告されており、今後もアニメ・実写の両面からトップクリエイターとして活躍していくことが期待されています。

This article is a sponsored article by
''.