ツインバード工業は、スチームオーブンレンジの新製品として「DR-F871W」を発売する。本製品は、 本格的なせいろ蒸しの仕上がりを再現できる独自技術「上下で包むWスチーム」を搭載しているのが特徴。蒸気を上と下の両面から当て、包み込むようにしっとりと蒸しあげるから、せいろの味を家庭でも作り出すことができる。

ツインバード工業
DR-F871W

●価格:4万9800円

2つの蒸気口を備えた独自技術「上下で包むWスチーム」を搭載したスチームオーブンレンジ

ツインバード工業は、独自技術「上下で包むWスチーム」を搭載したスチームオーブンレンジを2022年1月に発売する。今回新たに発売するスチームオーブンレンジ「DR-F871W」は、 新生・ツインバード第1弾製品として「Kando Simple」ラインから登場する。

画像1: 2つの蒸気口を備えた独自技術「上下で包むWスチーム」を搭載したスチームオーブンレンジ

主な特徴は、独自技術の「上下で包むWスチーム」で本格的なせいろ蒸しの仕上がりが再現できること。蒸気を上と下の両面から当て、包み込むようにしっとりと蒸すせいろ蒸しからヒントを得たWスチームの技術を新たに開発することで、これまでにないおいしさを実現している。

上下で包むWスチーム。低温調理も簡単に

画像2: 2つの蒸気口を備えた独自技術「上下で包むWスチーム」を搭載したスチームオーブンレンジ

低温調理(低温調理の調理可能温度は65度〜85度)も上下を均ーに蒸気の力で加熱するため、中心までしっかり火が通り、パサつきのない仕上がりになる。シンプルな操作で、しっとりと蒸しあがった素材の味が楽しめる。

画像3: 2つの蒸気口を備えた独自技術「上下で包むWスチーム」を搭載したスチームオーブンレンジ

「DR-F871W」は、機能を絞り、操作パネルもシンプルにすることで、迷うことなく簡単に調理することができるようになっている。普段の暮らしの中で気軽においしい料理が楽しめる、ミニマルで使いやすいデザインだ。

「お手入れ」「調理方法」「オート」「レンジ」「スチーム」「オーブン」という6つのモードを搭載。付属のレシピ集を見ないと使えなかった料理名毎の自動メニューをなくし、「蒸す」「低温調理」「煮込む」「揚げる」という調理方法からシンプルに選べるようにしている。

画像4: 2つの蒸気口を備えた独自技術「上下で包むWスチーム」を搭載したスチームオーブンレンジ

また、「オーブン」モードは使用するヒーターを下・上下・上(※)から選べ、本格調理が可能な250℃までに対応する。(※70~250℃を選択後、予熱「なし」を選択した場合のみ設定可能。)

加えて、スチーム機能を長く使い続けるために、 庫内には水滴や汚れを拭き取りやすいコーティングが施されている。スチーム機能を使った後はサッと一拭きするだけで庫内をキレイに保つことができる。さらに、水を捨てるタイミングを知らせてくれる「水捨て」表示や取り出しやすく水を捨てやすい形状の水受け・水タンクにすることでストレスを軽減している。「お手入れ」モードには「汚れ」「脱臭」「水抜き」「洗浄」という4つのメニューを搭載。

サイズは、幅約470ミリ、奥行き400ミリ、高さ345ミリで、本体質量は約16.9キロ。庫内容量は23リットル。

※価格は記事作成当時のものです。

This article is a sponsored article by
''.