4Kで撮るとなると、プロデューサーもディレクターもカメラマンも編集者も「4Kだ!」と特別な意識を向け、4Kらしい、はっきりくっきりな画調を仕込むものだが、4Kのもうひとつの側面の、グラテーション再現の細やかさに着目して絵づくりする番組は、たいへん少ない。その意味でBS-TBS4Kで、12月22日と29日の22:00~22:54に放送された「ヒロシのぼっちキャンプ」は、たいへん貴重な4K作品だ。

生成りでナチュラル、そしてすべらか

毎週水曜日の同時間に、BS-TBS(2K)でレギュラー放送されている、芸人のヒロシがひとりでキャンプをするという、一時間番組の4Kバージョンだ。キャンプ芸人として有名なヒロシが車を駆ってキャンプに出掛け、スーパーで食材を探し、キャンプ場で設営し、薪を探し、火を起こし、調理し、食事し、寝て、翌朝、かたづけて去るまでの一連の行動を淡々と追う番組だ。

何が魅力といって、4Kなのに…という言い方はへんだが、実にまったりしているのである。

一般に、4K番組は解像感をしっかりと出し、色を濃く、コントラストを派手にという調子が多いが、「ヒロシのぼっちキャンプ4K」は、実に穏やかだ。解像感は人為的に強めず、強調感がなく、ナチュラルだ。色も派手でなく、はっきりいって薄い。

刮目は、階調感で暗部から明部まで、グラテーションがとてもこまやかなところ。黒を沈めてダイナミックさを演出したり、白を伸ばして煌めきを出したりという人為的な演出がまったくなく、実に生成りでナチュラル、そしてすべらかだ。まったくもって自然で、目に優しい4Kなのだ。それは番組のコンセプトを反映しているというのが、実に興味深いところだ。

画像1: BS-TBS「ヒロシのぼっちキャンプ」 bs.tbs.co.jp

BS-TBS「ヒロシのぼっちキャンプ」

bs.tbs.co.jp

もの凄く高度な遊び「ソロキャンプ」

「ヒロシのぼっちキャンプ」は、2018年に15分番組として13本制作された「Season1」から2年の空白期間を経て、2020年10月から時間を一時間に拡大した 「Season2」 になった。発想的に言うと決して、いまのソロキャンプブームから目をつけたものではない。それどころか、ブームと呼ばれるようになるはるか前から、それは考えられていた。

担当のBS-TBSのプロデューサー、髙安恵司氏(編成制作局制作部プロデューサー)によると、「社内、社外に広く呼びかけた新番組企画募集から選ばれた番組」ということだ。それに応募し、みごと採用されたのが、伊藤正憲氏(プロダクション「テレコムスタッフ」のプロデューサー)だ。

「大学を出て、ヨーロッパやアフリカをスーパーカブで旅しました。泊まりはソロキャンプでした。その旅を通して、こう思ったのです。『すべて自分の責任で自分の時間を使うことができるのは、何て素晴らしいことなんだろう!』と。これは、もの凄く高度な遊びだと思いました。すべてが自分の判断で決まります。右と左の分岐では、自分でどちらかを決めなくてはならず、その結果も受け容れなければなりません。その感覚が、ソロキャンプにあると思うのです。自分で場所を決めるのを始めとして、テントの設営、調理、食事…とすべて自分の采配で決まります。自分で決めて、自分でやるというのは、男としてとてもかっこいいことです。ヨーロッパ、アフリカの旅で味わったその思いから、ソロキャンプの番組を提案したのです」(伊藤正憲氏)

画像2: BS-TBS「ヒロシのぼっちキャンプ」 bs.tbs.co.jp

BS-TBS「ヒロシのぼっちキャンプ」

bs.tbs.co.jp

This article is a sponsored article by
''.