【キャノンデール】レースに必要なすべての要素を融合した新世代のロードバイク フレーム重量わずか770gを実現!

スポーツ・アウトドア

キャノンデール・ジャパンは、ロードバイクのSuperSix EVOの2023年モデルとして、第4世代となる「SuperSix EVO」を発売した。本車両は、超軽量、超高速、超エアロと、全てにおいて進化した究極のレーシングロードバイクで、レースに必要な全てを高次元で融合したモデルとなっている。

キャノンデール
SuperSix EVO 第4世代(2023年)モデル

●価格:LAB71=180万円、Hi-MOD(ハイモッド) 2=105万円

キャノンデール・ジャパンは、ロードバイクのSuperSix EVOの2023年モデルとして、第4世代となる「SuperSix EVO」を発売した。本車両は、超軽量、超高速、超エアロと、全てにおいて進化した究極のレーシングロードバイクで、レースに必要な全てを高次元で融合したモデルとなっている。

SuperSix EVO LAB71(カラーは、Jet Black / Marble Oxblood and Smoke Brushed Chrome)。

本車両は、これまで多くのライダーを魅了してきた自然なハンドリングとスムーズな乗り心地を継承しつつ、大幅な軽量化と、優れた空力性能を実現したモデル。「LAB71」モデルは、最先端のカーボンファイバーとナノレンジを組み合わせ、多くの工程が必要なシリーズ0カーボン構造を初めて採用している。優れた引張強度と圧縮強度の両方を兼ね備えたシリーズ0カーボンの使用によって、より少ない材料でありながら、多くのパフォーマンスを発揮することが可能なフレームに仕上げられている。フレーム重量は、770グラム(フレームサイズ56cm、ペイント済み)となっている。

一方、Hi-MOD(ハイモッド)カーボン構造の「Hi-MOD 2」は、高強度繊維の層と軽量で剛性の高い繊維を組み合わせることで、わずか810gのフレーム重量を実現している。

SuperSix EVO Hi-MOD 2(カラーは、Sonic Blue / Jet Black, Smoke Brushed Chrome, and Rally Red )。

エアロダイナミクスにおいては、時速45kmで旧モデルより12ワット削減しており、本車両は、軽量なエアロバイクというだけでなく、最速のロードバイクの1つといえる。

「LAB71」には、モータースポーツ界において高級ステアリングとして実績のある「MOMO Design」と共同開発したハンドルバーを使用。空気抵抗を軽減し、一切ケーブルの見えないフルインターナルデザインのステム一体型ハンドルバーは、ヘッドチューブの前面投影面積をより少なくすることで、大きなエアロダイナミクス効果をもたらしてくれる。

「MOMO Design」と共同開発したステム一体型ハンドルバー。

BB(ボトムブラケット)の規格は、BSA規格を採用したことにより、シマノ製のクランクを使用できるなど、市場にある多くのクランクセットが使用可能になっている。

BBの規格には、BSA規格を採用。シマノ製のクランクを使用することができる。

また、タイヤサイズも、両サイドに6mmずつの余裕を持ったまま最大30mm幅のタイヤを装着することが可能となっているから、レース以外のライドにも使える、最適なバイクとなっている。太めのタイヤを選択して、乗り心地など快適性とコントロール性を高めたり、細目のタイヤをセレクトして軽量化とレスポンスを高めたりなど、そのどちらのにも対応する懐の深い、そんな1台となっている。

本車両の開発と同時に開発されたリグリップエアロケージとグリッパーエアロボトルの組み合わせにより、スピードをさらに向上させてくれる。このボトルをバイクに装着することで、同社のエアロバイク「SystemSix」と同等のエアロ効果を発揮し、本車両をさらに速くしてくれる。もちろん、円形デザインの標準的なボトルも使用可能だ。

リグリップエアロケージとグリッパーエアロボトルの組み合わせにより、「SystemSix」同等のエアロ効果を発揮する。

車両サイズは、「LAB71」「Hi-MOD 2」ともに、48、51、54、56(cm)の4種類。「LAB71」は、コンポーネントに、シマノ製のDura-Ace Di2を装備し、ホイールには、リムハイト50mmのカーボンホイール「HollowGram 50 R-SL」を装着。「Hi-MOD 2」は、コンポーネントに、シマノ製のUltegra Di2を装備し、ホイールには、「LAB71」同様「HollowGram 50 R-SL」を装着している。

ライドイメージ。

なお、それぞれのモデルには、フレームセットも用意されており、「LAB71」は、85万円、「Hi-MOD 2」は、62万円となっている。

◆キャノンデール:「新型スーパーシックスEVO」 のコレクションページサイト。

※製品の価格及び仕様については、記事制作時のもので、その後諸事情により変更されている場合があります。

スポーツ・アウトドア
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース