【スマホ】画面はタテ折り・ヨコ折り、どっちが好み? 『Galaxy Z Flip5 /Fold5』

Android

スマホは画面が大きいと、本体もその分大きくなる。そんな常識を打ち破った画面を折りたたみスマホ。さらにタテかヨコかを選べる新型『Galaxy Z Flip5 /Fold5(ギャラクシー ゼット フリップ5/フォールド5)』が登場した。

画面ごとコンパクトにたためるタテ折り『Flip5』、画面サイズが倍増のヨコ折り『Fold5』

スマホの画面はガラス製、だから折ることはできない。そんな常識を覆した元祖折りたたみスマホの「Galaxy Z」シリーズからサムスン電子ジャパン『Galaxy Z Flip5』(6.7インチディスプレイ・税込160,820円・2023年9月1日発売)と『Galaxy Z Fold5』(7.6インチディズプレイ・税込257,400円〜・2023年9月1日発売)が、ドコモ、auから登場。

折曲げの構造は、従来のディスプレイがバックライトを当てて液晶表示を実現していたことで厚みが出て折曲げが不可能だったところ、液晶素子自体が発光する有機ELで薄型構造を実現、折り曲げができるようになったものである。

『Flip5』

『Flip5』はタテに折りたたむことで、約85x72x15.1mmという正方形に近い形になって、ミニバッグやポケットに入れやすいのが特徴。折りたたんだ状態でも動画視聴やマップ確認、チャットが可能なのが特徴。カラバリはミント、グラファイト、ラベンダーの3色。

『Flip5』

『Fold5』はヨコ折り可能なタイプ。拡げることで、タブレット並みの約7.6インチの大画面となる。ゲームや動画コンテンツの視聴の没入感は従来型(スレート型)からほぼ倍増した状態だ。

もちろんたためば普通のスマホサイズ。マルチウィンドウを使用することで、ミーティングをしながらネットサーフィンなどという二刀流の使い方ができる。また、ヒンジの改良により、前モデルよりも約10g軽量になった。

入手はサムスン公式ストア、全国のドコモショップ、auショップなどで可能だ。

■公式サイト

スポンサーリンク
Androidスマホ
シェアする
特選街web 編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源にウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月からはハンドメイド・手作り実用書の老舗出版社・ブティック社が運営スタート。"暮らしの中でベストな商品を選ぶ"ためのヒントを、続々発信中!

特選街web 編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース