今や、多くの人がスマートフォンを当たり前のように使っているが、まだまだ操作がわかりにくいという人も少なくないだろう。そこで、今さら人には聞けない、とっても基本的な使い方をおさらいしておこう。

①「タップ」と「長押し」の使い分けがわからない

スマートフォンの画面は、タッチパネルを備えている。指が画面に触れると、その電気の量の変化を読み取り、ソフトウエアが反応する仕組みだ。

アプリの起動や、サイト表示中のリンクなどは、ポンと短く触れることで表示させることができる。この操作を「タップ」と呼ぶ。

そして、軽くグーッと指を置いたままにすることを「長押し」という。

例えば、ホーム画面のアプリアイコンを「長押し」すると、削除したり、移動したりといったことが可能。また、サイトの閲覧中に、リンク部分を長押しするとメニューが表示されたりする。

つまり、「長押し」は、プラスαの操作をしたいときに、よく使う動作なのだ。文字をコピーするときにも使うため、「タップ」と「長押し」は使い分けられるようにしておきたい。

画像: ①「タップ」と「長押し」の使い分けがわからない

タップ:目的のアイコンやリンクなどに触れて、すぐに指を離す動作。
長押し:指をしばらくの間、アイコンなどの上に置いたままにしておく動作。

また、指を置いたあと、そのまま上下左右になぞることを「スワイプ」と呼ぶ。これは、画面上方から「通知センター」という操作パネルを表示させたり、ホーム画面を左右に切り替えたりする際に使う動作だ。

これと近い操作に「フリック」があり、上下左右に指をはらう動作のことをいう。10キーを使った文字入力時によく使う動作で、素早く入力したいときに重宝する。

②電話をかけたり、受けたりするのがうまくできない……

ガラケー(携帯電話)のころは、電話がかかってきたときに通話ボタンを押すだけでよかったが、スマートフォンでは、電話を受ける操作もタッチ操作で行う。画面がロックされているときと、そうでないときとで、操作方法は若干異なる。

まず、画面ロックがかかった状態のときは、ⅰPhone、Androidとも、画面上に表示された「通話」(緑色の電話機)ボタンを「スワイプ」して応答する(スワイプ操作が必要なのは、間違って電話に出てしまわないようにするため)。

「通話」ボタンをタップしただけでは応答した状態にならないため、焦らず落ち着いて行おう。手が濡れていてタッチ操作がうまくいかないときは、しっかり指を拭いてから応答するようにしたい。

なお、画面ロックがかかっていないときは、「通話」ボタンをタップするだけで電話に出られる。

ロック時は、緑の「通話」ボタンをスワイプして受ける

iPhoneの場合

緑色の「通話」マークを、右方向にスワイプすればいい。電話に出たくないときは、サイドボタンを素早く2回押す。

Androidの場合

左に表示される緑色の「通話」ボタンを、矢印の表示に従い、右方向にスワイプする。赤色のボタンをスワイプすると電話が切れる。

一方、電話を発信する際は、「連絡先」を開いて、登録してある中から目的の相手を選択するか、「電話」アプリを開いて、電話番号を入力してから「発信」ボタンを押せばいい。

電話を切るときは、本体を耳から離し、「終話」の赤いボタンをタップする。また、相手が電話を切れば、自動的に終了になる。

③電話の着信音やメールの通知音を調節したい

初期設定の状態だと着信音が小さすぎて、ポケットの中に入れたままでは、電話やメールの着信に気づかないことがある。そんなときは、音量を変更しておこう。

ⅰPhoneは、「設定」の「サウンドと触覚」で、音量を変更可能。バーを右にスワイプすると音量が大きく、左にスワイプすると小さくなる。

ただし、この音量調節と動画再生などの音量調節は連動していない。例えば、着信音量を下げたとしても、動画再生時に大音量が鳴ってしまうこともあるので、注意しよう。

iPhoneの場合

「サウンドと触覚」で音量のバーをスワイプ。「ボタンで変更」をオンにすると、音量ボタンが利用できる。

Androidの場合は、機種によってメニュー名は異なるが、一般的には、「設定」にあるサウンド関連の項目を開き、「音量」をチェック。着信音を変更したいときは「着信音」を、通知音を変更したいときは「通知音」のバーをスワイプして調節しよう。

「メディア」は動画視聴時などの音量、「システム」は充電完了時などに鳴る音のことで、それらを変更しても、着信音や通知音の音量は変わらない。

なお、着信音は、本体の音量ボタンを押しても音量を変更できるので、この方法も覚えておくといいだろう。

Androidの場合

着信音量は音量ボタンでも変更できるが、「設定」メニューの「サウンド」関連の項目にある「音量」で、細かく設定することが可能だ。項目名は、機種によって異なる。

④サイレントモードやマナーモードの使い方がわからない

ⅰPhoneは、本体側面のスライドスイッチをオンにすることで、即座にサイレントモードへと切り替えることができる。

ただし、サイレントモードの状態でも、バイブは振動してしまう。静かな場所だと、バイブの音も気になるはずだ。バイブもオフにしたい場合は、「設定」の「サウンドと触覚」にある、「サイレントスイッチ選択時」のバイブレーション設定をオフにしておこう。

Androidの場合、機種によって異なるが、たいていはマナーモード切り替えスイッチがなく、画面上の操作で変更する。例えば、Galaxyなら「設定」で「サウンドとバイブ」をタップし、「サウンドモード」で変更したいものを選ぶ。

「設定」アプリを開くのがめんどうなら、「通知センター」にある「サウンド」ボタンをタップしてもいい。

1回押すとバイブだけが鳴るマナーモードに、もう1回押すとバイブまで完全に消えるサイレントモードに切り替わる。こちらのほうが、「設定」を開かず操作できるため、素早くモード変更が可能だ。

iPhoneの場合

写真は、側面のスイッチでサイレントモードに切り替えたときの表示。バイブの有無は「サウンドと触覚」で変更可能。

Androidの場合

Galaxyでは「設定」の「サウンドとバイブ」で「サウンドモード」を変更する。「通知センター」にある「サウンド」でも変更が可能。

⑤スマホって、ロックをかけといたほうがいいの?

スマートフォンは情報の塊。ウエブサイトのパスワードを保存しておけたり、決済に利用できたりと、プライバシーやお金とも密接にひもづくものだ。

「連絡先」には友人、知人の電話番号や住所まで入っているため、万が一紛失した際に、ロックがかかっていないと、被害が他人にまで及んでしまう。

ⅰPhoneであれば「パスコード」で、Androidであれば「パスワード」や「パターン」などで、必ずロックを設定しておきたい。

ただ、セキュリティを強化しようとすると、パスコードなどのケタ数が増えてしまい、毎回入力するのが手間になってしまう。

このようなときは、生体認証を利用するのが簡単かつ安全。ⅰPhoneは、Touch ID(指紋認証)やFace ID(顔認証)が利用でき、Androidも、指紋認証や虹彩認証を搭載する機種が増えている。

いずれも、一発でロックを解除できるので、数字を入力するよりも簡単だ。

スマホには必ずロックを設定しよう

iPhoneの場合

「設定」で「Touch IDとパスコード」を選択。パスコードを設定したり、指紋を登録したりできる。

Androidの場合

「設定」の「ロック画面とセキュリティ」で、ロック方法を選択。対応機種なら、指紋認証や虹彩認証の登録も行える。

解説/石野純也(ジャーナリスト)

This article is a sponsored article by
''.