文房具の進化が止まらない!持っているだけで仕事や勉強の時間がワクワク、楽しくなるアイデア満載の逸品をズラリと紹介します。今回は【メモる】のその2です。
→【メモる】その1はこちら

筆圧や筆跡を感知してスマホやパソコンに転送するスマートノート

ワコム
Bamboo Folio
標準価格:1万9224円(A5タイプ)

画像: メモがそのままデジタル化されスマホなどに保存される

メモがそのままデジタル化されスマホなどに保存される

液晶タブレットなどの分野で独走するワコムのスマートノート。

専用パッドに任意の用紙をセット、付属のペン(デジタルインク)で文章やイラストなどを書けば、筆圧や筆跡を感知し、ほとんどリアルタイムにスマホやパソコンに転送する。

手書き文字を、テキストデータに認識させることも可能。クラウドサービスと連係させれば、情報共有もできる。

画像: パッドには専用カバーが付く。

パッドには専用カバーが付く。

画像: ワコム Bamboo Folio 標準価格:1万9224円(A5タイプ)

【チェックポイント】

パッドがそれなりの重量なので、小さなA5サイズが現実的。A4サイズは、絵やマンガを描く人にはいいかも。デジタルインクの専用替え芯は3本で実売1000円前後。

書類を収納したままの状態で書き込みができるクリアファイル

キングジム
カキコ
標準価格:600円(20ポケット)

画像: カラーは5色、A4サイズで20と40ポケットがある。

カラーは5色、A4サイズで20と40ポケットがある。

クリアファイルに入れた書類に書き込みをしたいときは、ポケットからいちいち取り出すのが手間だ。
 
そこで、書類を収納しないファイリングをキングジムが提案。書類を取り出すことなく、ファイリングをしたままで書き込みを可能にした。

その仕組みは、驚くほど単純。

書類を上下のフラップで挟むのである。

当然、表面はむき出しになるが、けっこうしっかり固定されるので、書き込みもスムーズだ。

これなら打ち合わせをしながら書き込んだり、マーキングするのも楽だ。見開きで使えば、大判のA3書類もホールドできる。

ペンホルダーや小物収納ポケットが付くので、持ち歩くファイルノートとして活躍するだろう。

保存用ではなく、現在進行形用のファイルである。

画像: 上下を挟んでいるだけなので直接書き込める。

上下を挟んでいるだけなので直接書き込める。

【チェックポイント】

きちんとファイリングしたいが、取り出す手間がめんどうで、バラバラに保存していたら行方不明に…、そんな人におすすめ。取り出しやすいファイルでもある。

気軽にさっと書いて、さっと消せる、シンプルさが身上の電子メモパッド

キングジム
ブギーボード BB-10
標準価格:7000円

画像: 画面サイズ10.2型の「BB-10」。筆圧感知機能付き。

画面サイズ10.2型の「BB-10」。筆圧感知機能付き。

米国製の電子メモパッド「ブギーボード」の国内販売は、キングジムが手掛けている。

文具店や家電量販店で手軽に入手できるので、読者諸氏もどこかで見かけたことがあるだろう。

磁石付きのペンで砂鉄を吸い寄せて字や絵を描くボードがあるが、その液晶版といえる。

基本的に書いて・消す、黒板仕様のメモパッドである。

ブルートゥースでメモを保存・転送できる機種もあるが、「ブギーボード」の肝要は、さっと書けてさっと消せることだ。

書き込みながら打ち合わせをすれば、コミュニケーションも取りやすい。

飲食店の日替わりメニューにも使える。

大判からスマホサイズまで、品ぞろえも豊富。価格も安価、割り切り型のデジタルメモだ。

【チェックポイント】

電話で尋ねた電話番号などをとっさにメモったりするのに便利。起動の手間もいらない。用が済めば消す、一時記憶装置といえる。消去回数は約5万回。

解説/宇野正樹

This article is a sponsored article by
''.