「スマートフォンで普通に写真を撮りたかったのに、なぜか動画が撮れていた」、といった経験をしたことはないだろうか? そんな人のために、注意点をまとめてみた。

静止画も動画も、同じアプリで撮影するのでボタン操作に注意しよう

当たり前のことだが、スマホには、写真(静止画)撮影だけでなく、動画撮影機能がある。

iPhoneの場合は、カメラを起動して「ビデオ」というモードを設定すると動画撮影が可能。Androidは、機種によって「カメラ」アプリの仕様が異なるが、アプリ画面上にあるビデオカメラのアイコンをタップして動画撮影に切り替える機種が多い。

動画撮影中でも、白いシャッターアイコンをタップして静止画のスクリーンショットが撮れる機種が多いため、動画モードになっていることを見落としている場合もある。常に撮影モードを確認するようにしたい。
 
また、iPhoneには、シャッターを押すとその前後を含む3秒の動画を撮影できる「Live Photos」という機能があり、これをオンにしてシャッターボタンを押すと、短い動画が撮れる。この「Live Photos」でも静止画が撮れているので、特に問題はないのだが、動画を付帯するため、データサイズが大きくなるという面もある。動画が不要なら、オフにしておこう。

なお、Androidでも、Live Photosと同様の機能が付いている機種がある。

●静止画&動画を撮れる機能がある

iPhone

画面上の点線と実線の三重円のアイコンが「Live Photos」。タップしてオン/オフを切り替えられる。

Android

これはファーウェイ製のスマホのカメラの画面。静止画と動画を同時に撮影できる機能が搭載されている。

解説/村元正剛(ITライター)

This article is a sponsored article by
''.