「今月は、ちょっとスマホを使いすぎてるかも……」「とんでもない金額を請求されるのでは……?」と不安になってしまうことはないだろうか? もちろん、使ってしまったものは仕方ないのだが、現在使っているデータ通信量を確認して、使い過ぎを未然に防ぐことは可能だ。 

サポートページで、使用量を確認しよう!

スマホの当月の料金がどうなっているかは、いつでも確認できる。通話料が従量課金のプランに加入している場合や、データ通信料が段階式のプランを選んでいる場合は、ときどき確認する習慣をつけておくと、使い過ぎを防げるだろう。
 
確認の仕方は、iPhoneもAndroidも同じ。契約している携帯電話会社のサポートページに接続することで確認することができる。
 
ドコモは、「My docomo」にアクセスしよう。あらかじめ登録したIDでログインして「料金」をタップすると、その月のその時間までに発生している料金を確認できる。また、「データ通信」をタップすると、使ったモバイルデータの通信料も確認できる。
 
auは、「My au」にアクセスし、ログインすると、前日までの利用料金やデータ通信量などを確認することができる。

ソフトバンクは「My SoftBank」にアクセスすると、同様に確認できる。

各社のサポートページにアクセスすると、利用料金などを確認可能(写真はソフトバンクの場合)。

「My docomo」で料金を調べた結果。過去の月との比較も表示されるので、節約の意識づけにもなる。

なお、各社のサポートページでは、データ通信の定量を超過した場合、データ容量を追加購入することも可能だ。だが、使い過ぎにはくれぐれも注意しよう。

解説/村元正剛(ITライター)

This article is a sponsored article by
''.