今、定額の動画配信サービスが花盛りである。スマホやパソコンで閲覧できるものだけでも、かなりの数となっている。では、数あるサービスの中からどれを選べばいいのだろうか。代表的なサービスの特徴を見ていこう。

無料試用期間もあるので、まずは見てみよう

定額動画配信サービスの主要なものを挙げると、下表のような状況である。

画像: ※票のデータは、2018年7月時点のもの。※STB(セットトップボックス)にはApple TV、Amazon FireTV、Google Chromecastなどがある。

※票のデータは、2018年7月時点のもの。※STB(セットトップボックス)にはApple TV、Amazon FireTV、Google Chromecastなどがある。

いずれも、iPhone(iOS)でもAndroidでも専用アプリが用意されており、それを用いて視聴する。パソコンは、Windowsでも、Macでもブラウザーで視聴でき、「Edge」や「Safari」など、主要なブラウザーに対応している。回線も、モバイル回線、Wi-Fiのいずれでも利用可能で、通常、回線速度によって画質が自動調整される。つまり、どの端末であっても、視聴のための条件は、ほとんど同じということだ。

となれば、どのサービスを選ぶかは、どんな作品がラインアップされているかを最重要視すべきだろう。各サービスで配信動画のタイトル数はバラバラだが、数の多さが重要なのではなく、自分が見たい作品があるかどうかが重要。各サービスの独自製作番組や独自配信番組に興味があれば、そのサービスと契約すればいい。

また、例えば、子供と一緒に「アンパンマン」が見たいという場合には、どのサービスでも「アンパンマン」は配信されているので、月額料金の負担が軽いものを選ぶといいだろう。どんな番組が配信されているかは、公式サイトで調べることもできるが、どのサービスも無料試用期間が設けられているので、まずは実際に見てみて、ラインアップや使い勝手を調べてみよう。

なお、各サービスとも、条件付きでテレビや各種のSTBなどで視聴することもできる。

Netflix
日本制作の独自アニメも豊富

世界最大規模の会員数といわれるサービス。作品ラインアップは各ジャンルとも豊富だが、外国映画、独自番組が強い。日本で製作された独自のアニメ作品が豊富で、今後も増えていく予定。

画像: Netflix 日本制作の独自アニメも豊富

dTV
映画やアニメ、ドラマ、音楽が多い

もともとはドコモユーザー向けサービスだったが、現在ではキャリアを問わず誰でも利用できる。運営はエイベックスが行っている。国内の映画やアニメ、ドラマ、音楽などが多い。

画像: dTV 映画やアニメ、ドラマ、音楽が多い

Amazonプライムビデオ
国内外のバラエティ番組が楽しい

Amazonプライム会員ならば、追加料金なしで視聴可能なので、かなりお得感がある。独自制作のドキュメントバラエティやドラマ、日本独自製作のバラエティ番組が多く、楽しい。

画像: Amazonプライムビデオ 国内外のバラエティ番組が楽しい

Hulu
国内各局が作ったドラマが豊富

日本に最初に進出したアメリカ資本の動画配信サービスだが、2014年からは日本テレビが運営している。日本テレビに限らず、国内各局が製作したテレビドラマのラインアップが豊富。

画像: Hulu 国内各局が作ったドラマが豊富

解説/福多利夫(フリーライター)

※画面は変更になる場合があります。

This article is a sponsored article by
''.