今月も注目のニューアイテムが目白押し。「特選街」編集部がセレクトした今月の新製品情報【9】をお届けしましょう。大幅に改良されたプラグインハイブリッドEV「アウトランダーPHEV」。充実の安全運転サポート機能を搭載した最新型SDカーナビ。パワフルで軽快な走りが楽しめる電動アシストマウンテンバイクなどだ。

デザインと走行性能を兼ね備えたスポーティなアシスト自転車

ヤマハ発動機
PAS CITY-V

価格:12万6360円

画像1: ヤマハ発動機 PAS CITY-V

ヤマハ発動機は、電動アシスト自転車「PAS」の新ラインアップとして、24型の「PAS CITY-V」を発売した。直線的でシャープな印象のV型フレームに、コンパクトモデルでは初となる内装5段変速を搭載しており、サイズを超えた本格的な走りを楽しめるのが特徴。大人の上質感を意識したレトロスポーティなデザインなので、通勤から街乗りまで、多彩なシーンに対応できる。大きく見やすい「液晶5ファンクションメーター」も搭載。バッテリー容量は25.5V×12.3Ahで、最大約78キロ(弱モード時)のアシスト走行が可能だ。

画像2: ヤマハ発動機 PAS CITY-V
画像3: ヤマハ発動機 PAS CITY-V

パワフルで軽快な走りが楽しめる電動アシストマウンテンバイク

メリダ
eBIG.SEVEN 600

価格:38万7720円 

画像: メリダ eBIG.SEVEN 600

ミヤタサイクルは、台湾・メリダ・インダストリー社製の電動アシストマウンテンバイク「eBIG.SEVEN 600」の国内販売を開始する。最大70Nmの駆動力を持つSHIMANO製のドライブユニット「STEPS E8080」を、E-BIKE専用工場で製造されるアルミフレームに搭載しているのが特徴で、パワフルかつ軽快な走りが楽しめる。バッテリーは、500Whの大容量タイプを採用。HIGHモード約95キロ、NORMALモード約130キロ、ECOモード約140キロの長距離アシスト走行が可能だ。メインコンポはSHIMANO DEORE。重量は19.2キロ。

EVらしい快適な走りを追求した新型「アウトランダーPHEV」

三菱自動車
アウトランダーPHEV

価格:393万9840〜509万40円

画像1: 三菱自動車 アウトランダーPHEV

三菱自動車は、プラグインハイブリッドEV「アウトランダーPHEV」を大幅に改良して発売した。PHEVシステムを構成する主要部品の約90%を改良し、滑らかで力強い加速や高い静粛性など、EVらしい走りをさらに追求したのが特徴。EV走行の航続距離も、従来の60.8キロから65キロに伸長している。また、ツインモーター4WDによる車両運動統合制御システム「S-AWC」に、二つの新ドライブモードを追加。より安全で楽しい走りが可能になった。衝突被害軽減ブレーキシステムと誤発進抑制機能も、全車に標準装備されている。

画像2: 三菱自動車 アウトランダーPHEV

充実の安全運転サポート機能を搭載した最新型SDカーナビ

パナソニック
ストラーダ CN-RX05WD/RX05D

予想実売価格:いずれも13万円程度

画像: パナソニック ストラーダ CN-RX05WD/RX05D

パナソニックは、SDカーナビ「ストラーダ」の新ラインアップとして、7V型ワイド液晶採用の「CN-RX05WD」と「同RX05D」を発売する。最大の特徴は、「安全・安心運転サポート」機能の新搭載。ゾーン30内のスピード超過や高速道路での逆走を画面と音声で警告してくれるほか、「信号情報活用運転支援システム」にもオプション対応している。また、BDプレーヤーを内蔵しているので、BDソフトや自宅で録画したBDを、車内で楽しむことが可能だ。「RX05WD」は、幅200ミリのワイドコンソール車用モデル。「RX05D」は標準モデル。

※価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.