パナソニックのSC-UA7は、合計10個のスピーカーで最大出力1100ワットをうたい、スーパーウーハーを2基搭載するハイパワーがすごい。ブルートゥーススピーカーといえば小型軽量を思い浮かべるが、こうした進化もおもしろい。テレビとの接続やマイク入力なども可能で、カラオケにも適しそうだ。またイルミネーションを見て楽しめるJBL PULSE3にも注目したい。

パーティーなどで楽しめる機能がおもしろい!

オーディオのメインストリームといえるほど勢力を伸ばすブルートゥーススピーカーは、幅広いユーザーのニーズにこたえて、バリエーションが豊富になっている。そうしたモデルをいくつか紹介しよう。

パナソニックのSC-UA7は、合計10個のスピーカーで最大出力1100ワットをうたい、スーパーウーハーを2基搭載するハイパワーがすごい。ブルートゥーススピーカーといえば小型軽量を思い浮かべるが、こうした進化もおもしろい。テレビとの接続やマイク入力なども可能で、カラオケにも適しそうだ。

■最大出力1100ワットの大音量
パナソニック
SC-UA7
実売価格例:4万7190円

画像: 高さは約75センチで重さ14キロと、ブルートゥーススピーカーとしては大型で、サブウーハーも内蔵した大音量が売り。多彩な入力端子やFMラジオ機能も搭載。

高さは約75センチで重さ14キロと、ブルートゥーススピーカーとしては大型で、サブウーハーも内蔵した大音量が売り。多彩な入力端子やFMラジオ機能も搭載。

画像: ■最大出力1100ワットの大音量 パナソニック SC-UA7 実売価格例:4万7190円

JBLのPULSE3は、胴体を取り囲むイルミネーションが特徴。音楽に合わせて動きのある演出も洗練度が高く、パターンや色はスマホのアプリできめ細かに設定できるのも楽しい。キャンプでランタンふうに使うことも可能だ。IPX7の防水機能も搭載。ソニーのSRS-XB41は、ラインライトに加え、フラッシュライトも装備。アプリでスマホを振って効果音を加えるなどのDJプレーも可能で、パーティーを盛り上げるコンセプトはユニークだ。

■イルミネーションを見て楽しめる

JBL
PULSE3
実売価格例:1万8230円

画像: イルミネーションを特徴とするPULSEシリーズの3代目。従来製品に比べ、イルミネーションの表現力がアップし、眺めているだけでも楽しい。

イルミネーションを特徴とするPULSEシリーズの3代目。従来製品に比べ、イルミネーションの表現力がアップし、眺めているだけでも楽しい。

画像: JBL PULSE3 実売価格例:1万8230円

ソニー
SRS-XB41
実売価格例:2万1650円

画像: IP67の防水・防塵でアウトドアユースも安心。パッシブラジエーターに加え、コーデックはLDAC対応でサウンドも本格派。

IP67の防水・防塵でアウトドアユースも安心。パッシブラジエーターに加え、コーデックはLDAC対応でサウンドも本格派。

cheeroのBB miniは、同社が「第三のオーディオ」と定義するスピーカーとヘッドホンの中間的コンセプトが新しく、ゴルフボールサイズの超小型で近接聴取するスタイルが特徴。付属のUSBフレキシブルパイプ(USBは充電専用)で宙に浮いたような設置もでき、「タイムドメインラボ」の監修による優れた音質がフルに生かされるのもポイント。小型で音量は限定的だが、2台そろえると、ステレオ再生が可能で、迫力を増すこともできる。

■超コンパクトデスクトップオーディオも可能
cheero
BB mini
実売価格例:3600円

画像: 直径43ミリの超コンパクトサイズで、付属のUSB充電兼用フレキシブルパイプをスタンドとして用い、宙に浮かせたり、いろいろな場所に巻き付けたりして設置することができる。

直径43ミリの超コンパクトサイズで、付属のUSB充電兼用フレキシブルパイプをスタンドとして用い、宙に浮かせたり、いろいろな場所に巻き付けたりして設置することができる。

画像: ※写真は、SHANLING M0との組み合わせ。

※写真は、SHANLING M0との組み合わせ。

解説/鴻池賢三(AV評論家)

※価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.