ドライブレコーダーの人気9モデルを、都内を走行テストして比較した。今回は360度型の「カーメイト ダクション360S」で実走テスト。取り付け位置を中心に、車内や車両の周辺(窓から見える範囲)を含めた周囲すべてをシームレスに撮影できるのが最大の特徴だ。設置性、フロント昼間画質/夜間画質、リア昼間画質/夜間画質、操作性の6つの項目を10点満点で採点したので参考にしてほしい。

ドライブレコーダー最新モデル実走テスト
カーメイト ダクション360S

全天球ドラレコだけでなくアクションカメラとしても使える

実売価格例:6万4584円
記録解像度:2880×1440(全天球)
画角:全天球360°
記録メディア:別売
モニター:ー
GPS/HDR/Wi-Fi

画像: ドライブレコーダー最新モデル実走テスト カーメイト ダクション360S
画像: 全天周レンズを前方用と後方用に一つずつ備え、一台で全天球をカバーできるカメラ部を搭載。多彩な映像に対応し、一部分を切り出して正面画像だけを別映像として同時記録することも初めて可能とした。モニターはないが、撮影した映像はWi-Fi接続したスマホで見られ、四つのモードで確認することができる。

全天周レンズを前方用と後方用に一つずつ備え、一台で全天球をカバーできるカメラ部を搭載。多彩な映像に対応し、一部分を切り出して正面画像だけを別映像として同時記録することも初めて可能とした。モニターはないが、撮影した映像はWi-Fi接続したスマホで見られ、四つのモードで確認することができる。

アプリで周囲を回して確認できる

一見ではドラレコとは思えないスタイルを持つ、全天球対応モデルである。取り付け位置を中心に、車内や車両の周辺(窓から見える範囲)を含めた周囲すべてをシームレスに撮影できるのが最大の特徴だ。別売のバッテリーを使えば、取り外してアクションカメラとして使うこともできる。

360度カメラ型のモデルは、これまでクルマのナンバーを読み取れる解像度が確保できないという弱点があったが、本機では前方のみ200万画素(フルHD)で同時に記録できる「デュアルレック機能」を搭載して、この問題を解決。ドラレコとしての実用性を高めている。

駐車監視機能も強化されており、エンジンを止めてから最長30分間の常時録画が可能。駐車監視中に衝撃を検知すればLEDライトを照射して威嚇する機能も搭載している。

撮影した映像は全体にノイズ感を感じるものの、十分な鮮明さでとらえられている。ただ、鮮明に見えるのは前方と左右、そして車内までで、後方はかなり難しい。夜間になると状況はさらに悪くなる。

ビューワーアプリを使うと、再生しながら周囲をグルグルと回して確認できるのは、本機ならではの醍醐味だ。しかし、再生は本機とパソコンをケーブルでつなぐことが推奨されており、少々めんどうだ。
 
とはいえ、駐車監視を重視する人にとって、側面もバッチリ映り、360度をシームレスで記録できるメリットは大きい。ぜひ、別売の駐車監視オプションを組み合わせて使ってほしい。

設置性:9点(10点満点)

画像: 2カメラだが、本体1台を取り付けるだけでなので、簡単に作業できる。取り付けに使う専用レンチも付属する。

2カメラだが、本体1台を取り付けるだけでなので、簡単に作業できる。取り付けに使う専用レンチも付属する。

フロント昼間画質:7点(10点満点)

画像: 周囲360度すべてが見られるうえに、解像度も十分。一部分を切り出しても十分な鮮明さを確保できていた。

周囲360度すべてが見られるうえに、解像度も十分。一部分を切り出しても十分な鮮明さを確保できていた。

フロント夜間画質:6点(10点満点)

画像: 解像感はやや甘くなり、対向車のナンバープレートはやっと読める状態。切り出した映像はさらに悪くなる。

解像感はやや甘くなり、対向車のナンバープレートはやっと読める状態。切り出した映像はさらに悪くなる。

リア昼間画質:4点(10点満点)

画像: カメラ位置から後方が遠く、後ろが映っていても情報として十分ではない。本機の性格上やむをえない。

カメラ位置から後方が遠く、後ろが映っていても情報として十分ではない。本機の性格上やむをえない。

リア夜間画質:3点(10点満点)

画像: 取り付け位置から遠いうえに、輝度が低くなることで解像感も甘くなる。夜間に後方を撮るのは実用的ではない。

取り付け位置から遠いうえに、輝度が低くなることで解像感も甘くなる。夜間に後方を撮るのは実用的ではない。

操作性:7点(10点満点)

画像: モニターがないため、操作の大半をスマホで行う。本体のボタンでは撮影モードの切り替えや録画開始などが可能。

モニターがないため、操作の大半をスマホで行う。本体のボタンでは撮影モードの切り替えや録画開始などが可能。

⇒【ドライブレコーダーのおすすめはコレ】全9モデルの採点結果はこちら

※価格は記事作成時のものです。

解説/会田肇 (自動車評論家)撮影/河野公俊

This article is a sponsored article by
''.