アクアの冷凍冷蔵庫、4ドアモデル「AQR-TZ51H」は、世界的プロダクトデザイナー・深澤直人氏がデザインを手がけ、奥行き635ミリのスリム設計を採用しており、キッチンスペースを広く快適に使えるのが特徴。

クラス最大の冷凍室を装備したスリム設計の4ドア冷凍冷蔵庫

アクアは、冷凍冷蔵庫の新ラインアップとして、世界的プロダクトデザイナー・深澤直人氏がデザインを手がけた4ドアモデル「AQR-TZ51H」(内容積512リットル)を発売する。奥行き635ミリのスリム設計を採用しており、キッチンスペースを広く快適に使えるのが特徴。

アクア
AQR-TZ51H

●発売日:3月上旬
●予想実売価格:28万9400円程度

画像1: アクア AQR-TZ51H
画像2: アクア AQR-TZ51H

クラス最大容量となる180リットルの冷凍室は、六つのボックスに分かれているので、食材をわかりやすく整理して収納することができる。ほかに、食材の霜つきや冷凍焼けを防ぐ鮮度保持機能「旬鮮フリーザー」、食材の乾燥を抑える「フレッシュストッカー」なども搭載。

●問い合わせ先: アクア 0120-880-292

※価格は記事作成時のものです。

文/編集部

This article is a sponsored article by
''.