4K番組の録画をする場合、BDレコーダーを導入する方法がある。パナソニックやシャープから、4K番組の録画ができる4Kチューナー内蔵BDレコーダーが出ている。また、シャープからは、同社機で録画した4K番組を再生できるBDレコーダーも登場。メーカー間の再生互換性とあわせて今後のBDレコーダーの動向から目が離せない。

4K番組を録画できるBDレコーダーのおすすめはこれ!

4K放送の番組を録画するには、USB HDDあるいはBDレコーダーが必要だ。
ここでは、BDレコーダーのおすすめを紹介する。

4K番組の録画ができるBDレコーダーが登場

BDレコーダーにも、4Kチューナーを内蔵し、4K番組の録画ができるモデルが登場している。

シャープは、HDD容量2Tバイトの4B-C20AT3と、4Tバイトの4B-C40AT3の2モデル、パナソニックは、HDD容量2TバイトのDMR-SUZ2060の1モデルだ。どちらも地デジや2KのBS/CSチューナーは3基内蔵しており、地デジ×3や地デジ×2と4K×1といった3番組同時録画が行える点は共通。当然、HDDに録画した4K番組は、BDに保存できる。

ただし、4K番組を録画したBDは、パナソニック機で作成したものはパナソニック機とシャープ機の両方で再生が可能だが、シャープ機で作成したものはシャープ機でしか再生できないので注意が必要だ。

そのほか、主要な機能での差はあまりない。とはいえ、もともと高機能なパナソニック機だけに、一度BDにダビングした4K番組をムーブバックして内蔵HDDに書き戻せるなど、細かな機能においては、さすが優秀だ。4K番組の画質も一枚上手といえる実力を持っている。

一方、シャープ機は、ドラマやアニメを録りだめできる「ドラ丸」という機能が4K番組でも活用できたり、早送り再生でもコマ数が多くて見やすかったりといった使い勝手のよさがある。このあたりが選択の決め手となるだろう。

優れた録画機能と画質・音質の実力の高さが魅力

パナソニック DMR-SUZ2060

実売価格例:10万5940円

画像: 4Kチューナー内蔵で、HDDは2Tバイト。4K放送のHDD録画、BDへの4K画質でのダビングが可能。地上/BS/CSチューナーは3基装備している。新開発の映像エンジンを搭載し、4K放送の録画・再生やUHD BDの再生で優れた画質・音質を実現。

4Kチューナー内蔵で、HDDは2Tバイト。4K放送のHDD録画、BDへの4K画質でのダビングが可能。地上/BS/CSチューナーは3基装備している。新開発の映像エンジンを搭載し、4K放送の録画・再生やUHD BDの再生で優れた画質・音質を実現。

4K解像度のEPG表示など、使いやすさを重視

シャープ 4B-C40AT3

実売価格例:10万5540円

画像: 4Kチューナー内蔵で、HDDは4Tバイト。4K放送の録画やBDへの4K画質でのダビングも可。地デジと合わせ、最大3番組同時録画もこなせる。4K解像度で見やすい番組表や番組リストを採用している。HDDが2TバイトのC20AT3もラインアップ。

4Kチューナー内蔵で、HDDは4Tバイト。4K放送の録画やBDへの4K画質でのダビングも可。地デジと合わせ、最大3番組同時録画もこなせる。4K解像度で見やすい番組表や番組リストを採用している。HDDが2TバイトのC20AT3もラインアップ。

パナソニックはディスク上での編集も可能

画像: パナソニック機では、BDにダビングした4K放送番組の部分消去や番組分割といった編集が可能。4K番組の録画・再生機能の充実度はかなり優秀だ。

パナソニック機では、BDにダビングした4K放送番組の部分消去や番組分割といった編集が可能。4K番組の録画・再生機能の充実度はかなり優秀だ。

パナソニックはBDからHDDへ書き戻せる

画像: パナソニック機は、BDへダビングした4K放送の番組を内蔵HDDへ書き戻すムーブバックも可能。ダビングに関する機能においても高機能を誇っている。

パナソニック機は、BDへダビングした4K放送の番組を内蔵HDDへ書き戻すムーブバックも可能。ダビングに関する機能においても高機能を誇っている。

4K番組のBDが再生できる機器も登場

そして、シャープからは、新しいBDレコーダーがいくつか発売されている。その中で、2B-C20BT3と2B-C10BT3は、4Kチューナーは搭載しないものの、前述のシャープ機で作成した4K番組のBDが再生できるという機能が搭載されている。

今後は、このシャープのように、4K番組を収録したBDの再生が可能な機器がますます増えてくると予想される。メーカー間のBDの再生互換性と合わせて、今後の動向を見守りたい。

同社機で録画した4KのBDを再生できる

シャープ 2B-C20BT3

実売価格例:9万7070円

画像: 地上/BS/CSチューナーを3基内蔵した2Tバイトモデル。4Kチューナーは内蔵しないが、4B-C40AT3/C20AT3で録画した4K画質のBDが再生可能。UHD BDの再生にも対応している。音声での番組検索や再生操作が行える「声でラクラク操作」にも対応。1Tバイトモデルもある。

地上/BS/CSチューナーを3基内蔵した2Tバイトモデル。4Kチューナーは内蔵しないが、4B-C40AT3/C20AT3で録画した4K画質のBDが再生可能。UHD BDの再生にも対応している。音声での番組検索や再生操作が行える「声でラクラク操作」にも対応。1Tバイトモデルもある。

ダウンコンバートしてBDにダビングできる4Kテレビ

このほか、三菱電機では4Kチューナーを内蔵し、2TバイトのHDDとBDドライブを搭載した4Kテレビ、RA1000シリーズを発売している。こちらも4K放送を内蔵HDDに録画し、そしてBDにダビングすることができる。

ただし、BDへは2K画質に変換しないとダビングができない仕様になっている。4K画質のままBDで保存できないのは残念だが、再生互換性などの問題は生じない(他社のBDレコーダー/プレーヤーで再生可)ので、初心者には使いやすいといえる。

4K放送をダウンコンバートしてBDに残せる

三菱 LCD-A58RA1000

実売価格例:33万5170円

画像: UHD BD対応のBDドライブと2TバイトのHDDを持つレコーダー一体型の4Kテレビ。4K放送を4K画質のままHDDに録画でき、BDには2K画質に変換してダビング可能。ダイヤトーンNCVスピーカーを搭載し、高音質も魅力。50V型と40V型もある。

UHD BD対応のBDドライブと2TバイトのHDDを持つレコーダー一体型の4Kテレビ。4K放送を4K画質のままHDDに録画でき、BDには2K画質に変換してダビング可能。ダイヤトーンNCVスピーカーを搭載し、高音質も魅力。50V型と40V型もある。

※価格は記事作成時のものです。

解説/鳥居一豊(AVライター)

This article is a sponsored article by
''.