パイオニアの7.1チャンネルAVレシーバー「VSX-834」は、先進のバーチャルサラウンド技術「Dolby Atmos Height Virtualizer」「DTS Virtual:X」に対応し、ハイトスピーカーやリアスピーカーがない環境でも、立体的な音響空間が楽しめる。

パイオニア
VSX-834

「Dolby Atmos」や「DTS:X」をバーチャル再生できるAVアンプ

オンキヨー&パイオニアは、パイオニアブランドの7.1チャンネルAVレシーバー「VSX-834」を発売した。

●発売日:2月中旬
●価格:7万200円
 

画像1: 「Dolby Atmos」や「DTS:X」をバーチャル再生できるAVアンプ
画像2: 「Dolby Atmos」や「DTS:X」をバーチャル再生できるAVアンプ

先進のバーチャルサラウンド技術「Dolby Atmos Height Virtualizer※」「DTS Virtual:X」に対応しているのが特徴で、ハイトスピーカーやリアスピーカーがない環境でも、「Dolby Atmos」や「DTS:X」の立体的な音響空間が楽しめる。※Dolby Atmos Height Virtualizerはアップデート対応。

また、上級機の設計思想を受け継いだ高性能ディスクリートパワーアンプの採用で、1クラス上の音質も実現している。ほかに、再生環境を最適化する音場補正技術「MCACC」なども搭載。

問い合わせ先:パイオニア 050-3388-9425

※価格は記事作成時のものです。

文/編集部

This article is a sponsored article by
''.