パナソニックは、SSDポータブルカーナビ「Gorilla」の新製品「CN-G1300VD」(画面サイズは7V型)、「同G730D」(7V型)、「同G530D」(5V型)を発売した。最新の2019年度版地図を採用し、誘導カラーレーンまで再現したリアルな交差点拡大図も拡充している。

パナソニック
Gorilla CN-G1300VD/G730D/G530D

安全・安心運転サポート機能を搭載したSSDポータブルナビ

●発売日:6月上旬
●実売価格:G1300VD=6万4600円程度、G730D=5万3800円程度、G530D=3万8700円程度

パナソニックは、SSDポータブルカーナビ「Gorilla」の新製品として、「CN-G1300VD」「同G730D」「同G530D」を発売した。
いずれも、最新の2019年度版地図を採用。さらに、誘導カラーレーンまで再現したリアルな交差点拡大図も拡充しており、より快適なドライブが楽しめる。

画像1: CN-G1300VD

CN-G1300VD

また、標識の見落としや逆走を音とアイコンで注意喚起する「安全・安心運転サポート」機能も搭載。最上位機種「G1300VD」は、最大3年間(2022年7月末まで)の無料地図更新に対応。画面サイズは、「G1300VD」「G730D」が7V型、「G530D」が5V型。

画像2: CN-G1300VD

CN-G1300VD

●問い合わせ先:パナソニック 0120-50-8729

文/編集部
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.