マランツが、7.1チャンネルAVレシーバー「NR1710」を発売した。全チャンネル同一構成のフルディスクリートパワーアンプを搭載しているのが特徴だ。「Dolby Atmos」「DTS:X」コンテンツも高品位再生し、ハイレゾ対応のネットワーク機能やブルートゥースヘッドホンへの送信機能も搭載。

マランツ
NR1710

立体音響をバーチャル再生できるスリムボディのAVレシーバー

●発売日:6月中旬
●価格:9万7200円

マランツが、7.1チャンネルAVレシーバー「NR1710」を発売した。
高さ105ミリのスリムボディながら、全チャンネル同一構成のフルディスクリートパワーアンプを搭載しているのが特徴で、「Dolby Atmos」「DTS:X」コンテンツも高品位に再生できる。

画像1: マランツ NR1710
画像2: マランツ NR1710

バーチャルサラウンド技術「Dolby Atmos Height Virtualizer」「DTS Virtual:X」にも対応しているから、ハイトスピーカーやリアスピーカーがない環境でも、立体的な音響空間を楽しめる。ほかに、ハイレゾ対応のネットワーク機能やブルートゥースヘッドホンへの送信機能も搭載。

※「Dolby Atmos Height Virtualizer」とブルートゥース送信機能にはアップデートで対応。

画像3: マランツ NR1710

●問い合わせ先:マランツ 0570-666-112

文/編集部
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.