ハーマンインターナショナルがJBLブランドの新型スピーカー「STUDIO 6シリーズ」を発売。ラインアップは、伝統のコンプレッションドライバー&ホーン技術を採用した3ウエイフロア型、2.5ウエイフロア型、2ウエイブックシェルフ型、2ウエイセンタースピーカーだ。これらにサブウーハーも加わった。

JBL
STUDIO 6シリーズ

明瞭なサウンドと正確な定位を実現したJBLの新型スピーカー

●発売日:6月上旬
●価格:698=10万8000円(1本)、680=7万5600円(1本)、630=9万7200円(ペア)、620=7万5600円(ペア)、625C=5万4000円(1本)、660P=12万9600円(1本)

ハーマンインターナショナルは、JBLブランドの新型スピーカー「STUDIO 6シリーズ」を発売した。

ラインアップは、3ウエイフロア型の「STUDIO 698」、2.5ウエイフロア型の「同 680」、2ウエイブックシェルフ型の「同 630」「同 620」、2ウエイセンタースピーカー「同 625 C」、サブウーハー「同 660 P」という全6機種。

●3ウエイフロア型

画像: STUDIO 698

STUDIO 698

●2.5ウエイフロア型

画像: STUDIO 680

STUDIO 680

サブウーハーを除く5機種は、JBL伝統のコンプレッションドライバー&ホーン技術を採用しており、正確な音像定位と明瞭な音が楽しめる。フロア型の「698」と「680」は、バイワイヤリング接続にも対応している。

●2ウエイセンタースピーカー

画像: STUDIO 625C

STUDIO 625C

●2ウエイブックシェルフ型

画像: STUDIO 620 、STUDIO 630

STUDIO 620 、STUDIO 630

●サブウーハー

画像: STUDIO 660P

STUDIO 660P

●問い合わせ先:ハーマンインターナショナル 0570-550-465

文/編集部
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.