パナソニックのミニコンポ「SC-PMX90」は、独自のフルデジタルアンプ「LincsD-AmpⅢ(リンクス アンプ スリー)」を搭載。USBメモリーからのファイル再生やUSB DAC(ダック)機能を装備したハイレゾにも対応。ブルートゥース接続可能。テストしてみて、この価格からは想像を超える音質で、フルデジタルアンプのメリットを感じた。

今回のテストアイテムはこちら
パナソニック「SC-PMX90」

実売価格例:4万910円

●プロフィール
パナソニック独自のフルデジタルアンプ「LincsD-AmpⅢ」を搭載し、USBメモリーからのファイル再生やUSB DAC機能を装備したハイレゾ対応ミニコンポだ。ブルートゥース接続機能も搭載している。

画像: 本体前面はアルミ材で、見た目も上質で、長年使っても変色しにくい。外観がりっぱなうえ、音質に優れたスピーカーがセットでこの価格は驚異的。

本体前面はアルミ材で、見た目も上質で、長年使っても変色しにくい。外観がりっぱなうえ、音質に優れたスピーカーがセットでこの価格は驚異的。

SPEC
●実用最大出力/60W+60W●音声入力端子/アナログRCA×1、光デジタル×1、USB B×1ほか●再生メディア/CD(音楽CD、MP3)、USB:MP3/AAC(48kHz/16bit)、FLAC/WAV/AIFF(192kHz/24bit)、DSD(2.8MHz)、PC:LPCM(192kHz/24bit)、DSD(2.8MHz)●スピーカー型式/3ウエイ・バスレフ、14㎜ウーハー、1.9㎜ツイーター、1.5㎜スーパーツイーター●サイズ/本体部:幅211㎜×高さ114㎜×奥行き267㎜、スピーカー部:幅161㎜×高さ238㎜×奥行き262㎜●合計重量/8.0kg

ネットワーク機能はないがUSB再生に対応

ミニコンポもハイレゾ対応が当たり前になったが、本機の音質は、その価格帯から想像するクオリティをはるかに超えている。

その根幹となるのが、独自のフルデジタルアンプ、LincsD-AmpⅢだ。
こうしたICチップの開発には莫大な費用がかかるものだが、同社は高級オーディオからホームシアター関連まで製品が豊富で、生産数も多いため償却が可能。

つまり、大手ブランドならではの量産効果が、ユーザーメリットとして反映されているわけだ。

上位機のPMX150との大きな違いは、Wi-Fi機能が省略されていること。
音質面では同等なので、ネットワーク再生機能を利用しないなら、シンプルで価格も手ごろな本機が買い得といえる。

なお、スピーカーは、独自の「竹炭PPウーハー」と「ピエゾ&シルクドーム」ツイーターという力作だ。

■パソコンと接続してハイレゾ再生

画像: USB B端子を搭載し、パソコンと接続してハイレゾ再生が可能。スピーカー端子は大型のネジ式で、太めのケーブルでもOK。

USB B端子を搭載し、パソコンと接続してハイレゾ再生が可能。スピーカー端子は大型のネジ式で、太めのケーブルでもOK。

■使いやすいリモコン

画像: カードタイプではなく、しっかりと存在感のあるリモコンが付属。握りやすく、ボタンの大きさも十分で、ストレスなく使える。

カードタイプではなく、しっかりと存在感のあるリモコンが付属。握りやすく、ボタンの大きさも十分で、ストレスなく使える。

ハイレゾでは柔らかな空気感まで再現

ハイレゾ再生は、本体前面の端子にUSBメモリーを接続することで可能なほか、USB DAC機能も搭載し、背面のUSBタイプB端子にパソコンを接続すれば、PCオーディオも楽しむことができる。

同社のウエブサイトからは、USBドライバーだけでなく、ハイレゾ再生アプリも無料でダウンロードして利用できるので、手軽に始めたい入門者にもピッタリだ。

ハイレゾ再生は、ふんわりと柔らかな空気感まで再現。フルデジタルアンプは余計なD/A、A/D変換がなく、アンプも低歪みで、音源に含まれる情報をハイレベルで引き出している。
フォーカスがよく、肉厚なボーカルも聴きどころ。

音量を上げすぎると低域が曖昧になる傾向があるが、常識的な音量では価格帯を超える音質。
"ハイファイオーディオ"といっても過言ではないレベルだ。

おすすめ度…A+

独自のフルデジタルアンプ採用。価格帯を超える音のクオリティを実現

ここが〇

USB DAC機能内蔵でハイレゾ再生音質も極めて良好。この価格からは想像を超える音質で、フルデジタルアンプのメリットを感じる。

ココが×

電源投入から音が出るようになるまで、約6秒かかる。PCオーディオでは待てるが、CDやラジオはもっと軽快に楽しみたい。

※文中の「オススメ度」は、「A+」から「C-」までの9段階評価になっています。

※価格は記事作成時のものです。
解説/鴻池賢三 (AV評論家)

This article is a sponsored article by
''.