オーディオ機器に関する技術は日本のお家芸ともいえる。5月にオンキヨーが開発を発表した「バイオミメティクス振動板」は、その最新版である。生物を模倣して製品に生かすアイデアもユニークだが、それを量産する技術も並大抵ではない。

トンボの羽と貝殻で軽量かつ高剛性に

●オンキヨー
バイオミメティクス振動板

画像: 電気信号を空気の振動に換える振動板は、スピーカーの命。軽くて硬いことが求められ、スピーカー開発の技術が集約される。

電気信号を空気の振動に換える振動板は、スピーカーの命。軽くて硬いことが求められ、スピーカー開発の技術が集約される。

オーディオ機器に関する技術は、日本のお家芸ともいえる。特に、スピーカーの素材技術は、日本のメーカーが開発したものが多い。

5月にオンキヨーが開発を発表した「バイオミメティクス振動板」は、その最新版である。

電気信号を空気の振動に変換するスピーカーの振動板は、軽くて硬いことが正確な音、いい音の条件となる。古くは紙や布系の素材が使われてきたわけだが、現代では新素材や新工法も多く投入されている。

同社の場合、コーン(振動板)にトンボの羽のデザインや貝殻の立体構造を取り入れている。このように生物の構造を研究し、工業製品に応用する技術を「バイオミメティクス」という。

トンボの羽は薄く軽いのに、高速の羽ばたきが可能な強度を持っている。そこに注目し、その構造を研究・解析して振動板のデザインに応用し、高度な制振性と軽量化を実現。同様に、貝殻の立体的なリブ構造も強度アップに生かされている。

画像: 生物を模倣して製品に生かすことを「バイオミメティクス」という。トンボの羽と貝殻の構造を取り入れ、軽量かつ高剛性化に成功した。

生物を模倣して製品に生かすことを「バイオミメティクス」という。トンボの羽と貝殻の構造を取り入れ、軽量かつ高剛性化に成功した。

スピーカーの命、振動板の素材から独自開発

実は、この振動板の素材も、同社が独自開発した。

もともと、同社のスピーカーには鉄の5倍の強度を持ちながら、鉄の1/5の重量しかないCNF(セルロース・ナノファイバー)素材が使われている。

これが、ナノレベルの細かな植物繊維(セルロース)を使用したバイオマス(生物由来の資源)の素材で、同社が世界で初めてスピーカー振動板の開発に成功したものだ。

新世代の独自素材を使って、独自構造の振動板を作る。まさに、連綿と続いてきたスピーカー開発が成せる、ワザの結晶である。

画像: スピーカーの命、振動板の素材から独自開発

●解説/福多利夫
ホビーや家電、デジタルグッズが大好きで、その仕組みが気になっちゃうフリーライター。家電製品協会認定の家電総合アドバイザーでもある。

イラスト:中山昭(絵仕事 界屋)

This article is a sponsored article by
''.