「ケルヒャー FC 3d」は床拭き掃除機。テストした結果、重労働で時間のかかる床拭き掃除が驚くほどスイスイできた。ローラーや水タンク、汚水タンクのセッティングも簡単。水をしみ込ませたローラーで、床を拭いていく方式だから、常にきれいな水で拭き掃除ができるのが特徴だ。

今回のテストアイテムはこちら
ケルヒャーFC 3d

実売価格例:4万2330円

●プロフィール
高圧洗浄機やスチームクリーナーで有名なケルヒャーから、新しいスタイルの掃除機が登場した。強力に回転するローラーを武器に、床の拭き掃除をスピーディに実施。水を循環させる独自システムにも、注目が集まる。

画像: 立ったまま水拭き掃除ができるコードレスのフロアクリーナー。掃除機では取り除けない飛沫や皮脂汚れを拭き取る。本体とローラーが収納できるスタンド付き。

立ったまま水拭き掃除ができるコードレスのフロアクリーナー。掃除機では取り除けない飛沫や皮脂汚れを拭き取る。本体とローラーが収納できるスタンド付き。

SPEC
●清掃幅/300㎜●給水タンク容量/360mL●汚水タンク容量/140mL●充電時間/約4時間●連続使用時間/約20分●サイズ/幅226㎜×高さ1170㎜×奥行き305㎜●重量/2.5kg

常にきれいな水で拭き掃除ができる

家庭のフローリング普及率上昇に伴い、ニーズの高まっている床拭き掃除機

ロボット型やスチームタイプなど、さまざまな製品が発売されているが、本機は、水をしみ込ませたローラーで、床を拭いていく方式。特徴的なのは、常にきれいな水で拭き掃除できるところだ。

給水タンクからローラーへ規則的に水を供給し、ローラーで拭き取った汚れは、ヘッド内部のブレードでこすり取って回収。

汚水は、タンクにたまるようになっている。この方式は、ジュースなどの液体をこぼしたときにも有効で、ぞうきんのように汚れやベタつきを広げることなく吸い取れ、被害を最小限に抑えることが可能だ。

ローラーは1分間に500回転するため、力を入れてこすらなくてもきれいにできる。ローラーによる推進力も高く、スイッチを入れると強力な自走式ヘッドのように前進。8畳の部屋が、4分弱で掃除でき、拭いたあとは床がサラサラになった。短時間で効率的に仕上げられ、いろいろな意味で気持ちがいい。

■水の供給と回収をする

画像: 真ん中の給水タンクからローラーに水を供給すると同時に、上方に付いた二つのブレードが、ローラーから汚れた水をそぎ落とし、回収する。

真ん中の給水タンクからローラーに水を供給すると同時に、上方に付いた二つのブレードが、ローラーから汚れた水をそぎ落とし、回収する。

■汚水も捨てやすい

画像: 汚水タンクは簡単に取り出しができ、たまった水は手を汚さずに捨てられる。タンクはふたが開けられる構造で、水が捨てやすく、洗いやすい。

汚水タンクは簡単に取り出しができ、たまった水は手を汚さずに捨てられる。タンクはふたが開けられる構造で、水が捨てやすく、洗いやすい。

ローラーのメンテ方法に工夫が欲しい

操作性も良好で、手首の返しでヘッドがスムーズに左右へと動く。ヘッドはフラットになるため、ラックの下などの狭いスペースにも対応。

グリップ部には立てかけ用のゴムが付いており、掃除を中断するときに重宝した。使い勝手がよく、掃除機として、作りが丁寧な印象だ。

ただ、一つ残念なのが、ローラーのメンテナンス性。タオル部分が外せず、硬いロールごとこすり洗いをして、しごくように水切りをしなければならないのだ。

思い切りしぼれないので、乾くまでに時間がかかってしまう。衛生面にも影響するので、ここはもう一歩、工夫が欲しかった。

おすすめ度…A-

ヘッドの動きがスムーズ。使い勝手も良好で、効率よく掃除ができる

ココが〇

重労働で時間のかかる床拭き掃除が、驚くほどスイスイできる。ローラーや水タンク、汚水タンクのセッティングも簡単で使いやすい。

ココが×

ローラーが洗いづらく、乾きにくい。推進力がパワフルなので、力の弱い人はハードに感じるかも。可能なら、回転数を抑えたモードも欲しい。

※文中の「オススメ度」は、「A+」から「C-」までの9段階評価になっています。

文/諏訪圭伊子 (フリーライター)
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.