ヤマハがカジュアル管楽器「Alto Venova」を発売。初心者でも本格的な音色や演奏感が楽しめるニュータイプの管楽器として人気を集めた「Venova」(2017年発売、ソプラノ音域)の第2弾。「Alto Venova」はアルト音域だから幅広い楽曲やジャンルに対応。ボディは軽量で丈夫なABS樹脂製。ケースとストラップが付属。

ヤマハ
Alto Venova

本格的な音色や演奏感が楽しめるニュータイプ管楽器の第2弾

●発売日:9月12日
●価格:1万9440円

ヤマハが、カジュアル管楽器「Alto Venova」を発売した。この製品は、初心者でも本格的な音色や演奏感が楽しめるニュータイプの管楽器として人気を集めた「Venova」(2017年発売)の第2弾。ソプラノ音域だった「Venova」に対し、この「Alto Venova」はアルト音域になっており、さらに幅広い楽曲やジャンルに対応できる。「Venova」同様、リコーダーに似たシンプルな指使いを採用しているので、誰でも気軽に演奏することが可能だ。

画像1: 本格的な音色や演奏感が楽しめるニュータイプ管楽器の第2弾

ボディは、軽量で丈夫なABS樹脂製。水洗いもできるので、メンテナンスも簡単に行える。ケースとストラップも付属。

画像2: 本格的な音色や演奏感が楽しめるニュータイプ管楽器の第2弾

●問い合わせ先:ヤマハ 0570-013-808

文/特選街編集部
※執筆時が2019年9月のため、製品の「実売価格例」は、消費税8%込みの額を表記しています。ご了承ください。

This article is a sponsored article by
''.