1979年に誕生したソニーのウォークマン。ブランドの40周年を記念して、2019年はイベントやスペシャルサイトの開設、限定製品の販売などを実施。欧州で発表されたA100シリーズは、DSDやPCMのハイレゾファイルにも対応。ノイズキャンセル機能を備えたイヤホン「IER-NW510N」も付属。

音質に合わせてテープの種類が変わる!ウォークマン最新機のギミックが渋い!

1979年に誕生したソニーのウォークマン。ブランドの40周年を記念して、今年はイベントやスペシャルサイトの開設、限定製品の販売など、さまざまな企画が行われているが、最新の話題として注目なのが、9月5日に欧州で発表されたA100シリーズ。NW-A105は、16Gバイトメモリーを搭載するAndroidベースのベーシックモデル

ソニー
NW-A105
標準価格:350ユーロ(11月発売)

画像: 派生モデルの 「NW-A105TPS」の背面には40周年のロゴがプリント されている。

派生モデルの「NW-A105TPS」の背面には40周年のロゴがプリントされている。

おもしろいのは、再生アプリの機能として、ディスプレイいっぱいに自社のカセットテープが動くビジュアルを採用しているところ。

懐かしいカセットが画面内で動く

画像: 3.6型の大型ディスプレイにカセットテープが回転するビジュアルが映し出される 。アーティスト名や曲名もラベルの上に表示される。

3.6型の大型ディスプレイにカセットテープが回転するビジュアルが映し出される。アーティスト名や曲名もラベルの上に表示される。

しかも、再生ファイルのスペックに合わせて、ノーマル、ハイポジ、フェリクローム、メタルと絵が変わるという渋いギミックも搭載されている。

画像: DSDやPCMのハイレゾファイルにも対応。ノイズキャンセル機能を備えたイヤホン「IER-NW510N」も付属する。日本国内での発売が待たれる。

DSDやPCMのハイレゾファイルにも対応。ノイズキャンセル機能を備えたイヤホン「IER-NW510N」も付属する。日本国内での発売が待たれる。

文/編集部
※執筆時が2019年9月のため、製品の「実売価格例」は、消費税8%込みの額を表記しています。ご了承ください。

This article is a sponsored article by
''.