カメラの上下左右すべてを1シャッターで撮影することができる「全天球360度カメラ」として登場したTHETA(シータ)。リコー「THETA(シータ)Z1」は1.0型の大型イメージセンサーを採用。4K動画撮影にも対応したフラッグシップモデル。この種のカメラの中では、高解像度でノイズも少ないのがうれしい。

全天球タイプ
リコー「THETA Z1」

リコー
THETA Z1
実売価格例:12万7960円

プロフィール
カメラの上下左右すべてを1シャッターで撮影することができる「全天球360度カメラ」として登場したTHETA(シータ)。Z1は1.0型の大型イメージセンサーを採用し、4K動画撮影にも対応したフラッグシップモデルだ。RAWとJPEGの同時記録もできる。

撮像センサー有効画素数レンズ画角
1.0型裏面照射CMOS2000万×2(出力2300万)360度×2
●背面モニター/非搭載
●ファインダー/非搭載
●サイズ/幅48mm×高さ132.5mm×奥行き29.7mm
●重量/182g

画質傾向
高解像度でノイズも少ない
表示の拡大率によってきめ細かさは変わるが、この種のカメラの中では特に解像度が高く、暗い場面でもノイズが少ない。

画像1: 【最新コンデジ2019】リコー「THETA Z1」を実写レビュー!全天球360度カメラの最上位機
画像: 全天球タイプ リコー「THETA Z1」
画像2: 【最新コンデジ2019】リコー「THETA Z1」を実写レビュー!全天球360度カメラの最上位機

画面上で自由に拡大・縮小可能

上の写真をスマホでピンチインして縮小表示。全方位が写っていることが確認できる。

《1.0型センサーを採用する360度カメラの最上位機》

1回のシャッターでカメラの全方位が一度に写せるカメラ。撮影した写真は、スマホやパソコンの画面で自由な方向を拡大、縮小して見られる。

広大な自然やにぎやかな街並み、パーティーなどですべての方向を一発で克明に記録できるのは快感。本体に液晶モニターは装備しないが、スマホとWi-Fiでリンクすることで、スマホで画像を見ながら撮影することが可能だ。さらに、スマホからリモート操作を行うことで、無人状態で撮影することもできる。

◆解説/吉村 永 (カメラマン)

※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.