2019年から資本や業務提携が相次ぎ、主要な共通ポイントサービスは、すべてキャリアが運営にかかわる形となった。スマホ決済も、老舗のサービスOrigamiがメルペイに吸収されるなど、再編が進み、大手キャリアがその主役を担うのは間違いない。

ドコモ×メルペイ、au×Ponta…スマホ決済は再編の時代に!

スマホの大手キャリアによる、業務や資本提携の動きが活発だ。2020年2月にはNTTドコモとメルカリ/メルペイが業務提携を発表。

5月からドコモのdアカウントとメルカリIDが連係し、メルカリでの買い物でdポイントがたまり、dポイントでの支払いにも対応する。

同時に、スマホ決済の「d払い」と「メルペイ」も連係し、相互利用が可能になる予定だ。

2019年末には、KDDIPontaを手がけるロイヤリティ マーケティングも提携を発表。

5月には、auのポイントサービスがPontaに統合されるという。KDDIの高橋誠社長は、「何とかペイというものは、ポイントを発行する仕組みが連係していないと生き残れない。

通信会社はポイントの仕組みがあるので、それを連係していくことが強みになる」と語る。

大手キャリアの強みは、毎月、通信料金の支払いに対して発生するポイントをスマホ決済サービスの原資として、街中で支払いに使ってもらえる点だ。

現在、dポイント楽天スーパーポイントは、街中での支払いに対してもポイントが発生する。

KDDIも同様にポイントを生み出すために、すでにポイントサービスを提供しているPontaと提携したというわけだ。

さらに2019年、ソフトバンクグループであるヤフーの親会社LINEが経営統合を発表。

スマホ決済トップのPayPayLINE Payも、統合される可能性がある。ソフトバンクの宮内謙社長は、「相当、大きなシナジーを出せるのではないか。いろいろとおもしろいことができる」と期待を持たせる。

携帯電話キャリア(グループ含む)のスマホ決済&ポイントサービス

2019年から資本や業務提携が相次ぎ、主要な共通ポイントサービスは、すべてキャリアが運営にかかわる形となる。

スマホ決済も、老舗のサービスOrigamiがメルペイに吸収されるなど、再編が進み、大手キャリアがその主役を担うのは間違いない。

画像1: 携帯電話キャリア(グループ含む)のスマホ決済&ポイントサービス
画像2: 携帯電話キャリア(グループ含む)のスマホ決済&ポイントサービス
画像3: 携帯電話キャリア(グループ含む)のスマホ決済&ポイントサービス
画像4: 携帯電話キャリア(グループ含む)のスマホ決済&ポイントサービス

一時期、乱立状態だったスマホ決済は、キャリア主導による再編・統合の時代に突入することになりそうだ。

文/石川温(ジャーナリスト)

This article is a sponsored article by
''.