レンズ交換式ミラーレス一眼のフラッグシップモデル「OM-D E-M1 MarkⅢ」は、世界最高の7.5段分の手ブレ補正を搭載した。5000万画素の手持ちハイレゾショットやライブNDにも対応。小型軽量を強みとする同社のシステムは、フィールドカメラとして独自の立ち位置を確立していきそうだ。

オリンパス、レンズ交換式ミラーレスの最上位機・OM-D E-M1をモデルチェンジ

オリンパスは、レンズ交換式ミラーレス一眼のフラッグシップモデル、OM-D E-M1 MarkⅢを発表。

撮像センサーはMarkⅡと同じ有効2037万画素ながら、画像処理エンジンを大幅強化。
5000万画素の手持ちハイレゾショットやライブNDに対応するほか、世界最高の7.5段の手ブレ補正も実現。

近年、各社がフルサイズ化を推し進めるデジタル一眼市場の中で、小型軽量を強みとする同社のシステムは、フィールドカメラとして独自の立ち位置を確立していきそうだ。

オリンパス
OM-DE-M1 MarkⅢ

実売価格例:21万7800円(ボディ)

7.5段分の手ブレ補正を搭載

画像: オリンパス、レンズ交換式ミラーレスの最上位機・OM-D E-M1をモデルチェンジ
画像: 背面にマルチセレクターを新設(親指の位置)。ファインダーをのぞいたまま、連写や動画撮影中に素早いAFエリアの移動が可能。

背面にマルチセレクターを新設(親指の位置)。ファインダーをのぞいたまま、連写や動画撮影中に素早いAFエリアの移動が可能。

サイトURL
https://www.olympus-imaging.jp/product/dslr/em1mk3/

※価格は記事作成時のものです。

文/特選街編集部

This article is a sponsored article by
''.