多くの人が出入りする避難所では、衛生面やプライバシーへの配慮も重要だ。ナカバヤシ「ダンボールベッド」は、ベッドの高さをハウスダストの影響が少ないとされる30センチに設定し衛生面に配慮した。十分な強度を確保しつつ、パーツの収納箱は身の回り品の収納に使えるほか、プライバシーを確保するための目隠しにもなる。

非常時に役立つ! 工具不要で5分で組み立てられる頑丈な簡易ベッド

台風やゲリラ豪雨、地震など、近年の日本で頻発している自然災害。個人での備えはもちろん、自治体や企業、大規模オフィスビルでの対策も欠かせないものとなっている。

中でも、避難場所での快適な睡眠に欠かせない寝具は、重要な備品の一つ。写真アルバムやオフィス用品でおなじみのナカバヤシが発売した「段ボールベッド」は、その名のとおり、段ボール製の簡易ベッドで、組み立てに工具やテープが不要となっており、不慣れな人でも約5分で完成させられるのが特徴だ。

段ボール製と聞くと、気になるのは強度だが、本製品は、主に重量物の梱包用途で使われる二重構造(ダブルカートン仕様)の段ボールを素材に採用し、十分な強度を確保。組み立て時の長さは192センチ、耐荷重は約200キロとなっており、通常の使用には十分だ。

ナカバヤシ
段ボールベッド
実売価格例:1万6500円

ベッドから立ち上がりやすい構造を採用

ベッドの両サイド部分をくぼませた形状にすることで、ベッドから立ち上がる際に、体の中心に足のかかとを近づけて踏ん張ることができ、重心を安定させながら立ち上がりやすい構造。

画像: 本体サイズ:W900×D1920×H300mm パッケージサイズ:W900×D340×H310mm(宅配便160サイズ) 重量:8.5㎏

本体サイズ:W900×D1920×H300mm

パッケージサイズ:W900×D340×H310mm(宅配便160サイズ)
重量:8.5㎏

多くの人が出入りする避難所では、衛生面やプライバシーへの配慮も重要だ。本製品は、ベッドの高さをハウスダストの影響が少ないとされる30センチに設定し、衛生面に配慮。

パッケージの空き箱も有効活用できる

画像: ベッドのパーツを取り出したあとの空き箱は、衣類などの身の回り品や、避難所で配布される食料などの収納に活用できる。

ベッドのパーツを取り出したあとの空き箱は、衣類などの身の回り品や、避難所で配布される食料などの収納に活用できる。

また、パーツの収納箱は、身の回り品の収納に使えるほか、プライバシーを確保するための目隠しとしても利用できる。

画像: 就寝時に、パーツの空き箱を頭にかぶせるようにすれば、目隠しになってプライバシーの確保にも役立つ。

就寝時に、パーツの空き箱を頭にかぶせるようにすれば、目隠しになってプライバシーの確保にも役立つ。

備蓄スペースが限られる自治体や企業にとっては、コンパクトなパッケージサイズ(幅90センチ×高さ31センチ×奥行き34センチ)もメリットとなる。

パッケージは、宅配便の「160サイズ」に適合するため、発送がしやすく、被災地への支援物資としての活用も容易。

処分時は、「雑紙」分類の資源として全パーツをリサイクルできるのもポイントだ。

今後は、本製品のようなアイテムが増え、社会全体で災害に備える意識が高まることを期待したい。

※価格は記事作成時のものです。

文/加藤肇(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.