サブスクリプション(= サブスク)は予約購読、定期購読の意味です。それが「ある期間内の定額サービス」を意味するようになり、今ではビジネスプランの一つとして定着しつつあります。家電の場合は「長期レンタル 月払い」とでも訳すと良いのでしょうかね。今、いろいろな会社、家電メーカーがトライしています。なかでも、熱心なのが「アイロボット・ジャパン」。6月8日のルンバの日に、昨年設定したサブスクリプションを修正しました。名前は「Robot Smart Plan+」。使いやすくなったのでしょうか?レポートしちゃいます。

ルンバのサブスクがリニューアル

使ってもらえば「良さ」をわかってもらえる!

時短の3家電とは、ロボット掃除機、食器洗浄機、洗濯乾燥機のこと。この3つは、実に便利。しかし、価格が高い、ランニングコストが掛かる、効果が実感できないなど、ネガティブなイメージを持つ人が多いのも事実です。

欧米では、有限な時間をより効果的に使うために、これらの家電を導入するのは当たり前です。食洗機は、1960年代、続いて洗濯乾燥機が当たり前になります。一番遅いのは、ロボット掃除機ですが、これもルンバの出来が良くなるにつれ、急速に普及します。

が、これに対し日本人は保守的です。例えばキャッシュレス。海外などは、カード一枚あれば全部済ませられるのですが、日本の場合は、お客の方が現金決済を望むことが多いです。まぁ、現金決済は一番安価な決済方法でもありますので、電子化させる場合は、それ相応のメリットが必要でもあります。このため、政府は補助金を出し、ユーザー還元しています。

還元する=お得。要するに国が体験費用を出しますよと言っているわけで、使って見ると良さがわかるので、継続使用してもらえるということです。

同じように考えているのが、アイロボットです。使ってもらうと良さがわかる。しかし、そのハードルは価格。そのための、日本独自のモデル「ルンバe5」 を上市したわけです。これは、すごいモデルで、安い上に、性能がいい。売れているそうです。

画像: ルンバe5 www.irobot-jp.com

ルンバe5

www.irobot-jp.com

多くの人に、もっと使ってみて欲しい。そこで設けたのが「サブスクリプション」です。ただ、こちらの方の評判はちょっとイマイチで、今回のリニューアルでは、その理由を分析・対応したモデルにしたそうです。

Robot Smart Plan+

画像1: www.irobot-jp.com
www.irobot-jp.com

Robot Smart Plan+公式サイト

ルンバのサブスク「3つの変更点」とは?

解約できない期間を半年に

変わったのは、次の3つです。

1つ目は、解除できない期間を、1年から半年にしました。これは大きなポイントです。アイロボットのサブスクは、売価を20〜30回で割った価格で設定してあります。気に入った場合、サブスクをやめて購入した方が、安い(30か月以上使って料金が発生しないことを考慮しています)ですし、自分に合わないことがわかったら、なるべく短期で解約したいものです。

自分の経験からいうと、第一印象だけで決めるより、生活に馴染んだところで決めた方がベターです。特にロボット掃除機は、部屋の整理整頓が前提条件ですから、部屋の中は掃除でキレイになる以上の力があります。逆にいうと、それをキープできるのか、否かで、ロボット掃除機がいいのか、それとも気が向いた時、掃除した方がいいのかが決まります。大体、1ヶ月くらいですかね。人は1週間、1ヶ月とか、ある単位で生活を回していますので、最低でも、1ヶ月チェック期間は必要です。

半年と書きましたが、今回から初めの2週間は別契約(「お試し2週間コース」と言います)になっていますので、2週間で合わないと思ったらそこで解約。よければ、今回サブスクと呼んでいる「あんしん継続コース」に繋げればいいわけです。ここら辺は、よく工夫されています。

画像2: www.irobot-jp.com
www.irobot-jp.com

ブラーバもラインナップ

2つ目は、ラインナップの充実です。新たに加わったのは、「ルンバ i7」「ルンバ e5」「ブラーバ ジェット 250」「ブラーバ 390j」「ブラーバ ジェット m6」。今までの「ルンバ i7+」「ルンバ 960
」「」ルンバ 643」だけでしたから、一挙に倍以上増えました。しかも、床拭き型のブラーバが加わったことにより、かなり魅力的になりました。

画像3: www.irobot-jp.com
www.irobot-jp.com

価格の見直し

加えて、サブスク価格も見直されました。単純に言うと値下げです。以下の一覧表を参考にしてください。

画像: 価格の見直し

ちなみに、2週間コースは、「コース終了後、アイロボット公式オンラインストアで、ルンバかブラーバを購入する」か、「あんしん継続コースに申し込め」ば、キャッシュバックされます。あんしん継続コースに申し込みの場合は、1ヶ月目が無料と実にお得感満載です。ちなみに、アイロボット社の製品価格は市場でとても安定しており、公式オンラインでも高くはありません。

まとめ

今回のコロナ禍で、日本はかなりの格差社会であることが浮き彫りになりました。この余波で、まだまだいろいろな人が巻き込まれそうです。当然、消費は下がります。が、ロボット掃除機を含む3つの家電は、共働きの人は持っていればメリットがあるものばかり。

サブスクリプションと言うシステムは、納得し易い求め方の一つであり、勝って後悔することを最低限に抑えることができると思います。興味はあるが、まだロボット掃除機を持っていない方、ルンバは持っていて、ブラーバにも興味がある方、一度試してみませんか?

◆多賀一晃(生活家電.com主宰)
企画とユーザーをつなぐ商品企画コンサルティング ポップ-アップ・プランニング・オフィス代表。また米・食味鑑定士の資格を所有。オーディオ・ビデオ関連の開発経験があり、理論的だけでなく、官能評価も得意。趣味は、東京歴史散歩とラーメンの食べ歩き。

This article is a sponsored article by
''.