オーディオテクニカのベルトドライブ式アナログレコードプレーヤーの新製品「AT-LPW50PB」は、高精度DCモーターの採用により、安定した回転を保てるのが特徴。フォノアンプを内蔵しているから、フォノ入力のない機器とも接続可能だ。

オーディオテクニカ 
AT-LPW50PB

●実売価格:5万4800円程度

オーディオテクニカは、ベルトドライブ式アナログレコードプレーヤーの新製品として、「AT-LPW50PB」を発売した。

画像1: オーディオテクニカ AT-LPW50PB

スピードセンサーを備えた高精度DCモーターの採用により、安定した回転を保てるのが特徴。さらに、アルミ合金ダイキャスト製プラッターと高剛性MDFシャーシの組み合わせで、不要な振動も最小限に抑えている。トーンアームは、カーボン製のストレートタイプ。

画像2: オーディオテクニカ AT-LPW50PB

定評のあるVM(MM)型カートリッジ「AT-VM95E」も標準で付属する。

画像: AT-VM95E

AT-VM95E

フォノアンプを内蔵しているから、フォノ入力のない機器とも接続可能だ。

●問い合わせ先:オーディオテクニカ 0120-773-417

※この記事は『特選街』2020年8月号に掲載されたものです。
※価格は記事作成当時のものです。

This article is a sponsored article by
''.